乾式洋瓦の屋根塗装(塗り替え)

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

乾式洋瓦の屋根塗装(塗り替え)

( 洋瓦葺き屋根の塗り替え時期、適応塗料、弊店推奨塗料など詳しく紹介 )

乾式洋瓦(モニエル・スカンジア、パラマウントなど)の屋根塗装

屋根塗装・乾式洋瓦

乾式洋瓦はモニエル瓦(モニエル社)、スカンジア瓦(旭セメント)、パラマウント瓦(松下クボタ)など、そのメーカーによって名称が異なります。
乾式洋瓦の表面は、着色のためのスラリー層で覆われています。
その塗り替えでは、劣化した着色スラリー層の除去が非常に重要になります。塗り替えの下処理、適応塗料、弊店推奨塗料などについても詳しく掲載しています。

乾式洋瓦葺き屋根の塗装(塗り替え) 3つのポイント

乾式洋瓦のモニエル瓦、スカンジア瓦葺き屋根の塗り替えで大切なポイントは次の3点です。

乾式洋瓦の種類
  • 高圧洗浄
    高圧洗浄機を使用して汚れや苔、スラリー層などを洗い落とす。
    高圧洗浄の詳細は「高圧洗浄」のページを参照。
  • 縁切り
    洋瓦葺き屋根の塗り替えでは、通常縁切り作業は必要ありませんが、必要な場合もあります。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • 適切な塗膜厚
    いくら優れた塗料を使用しても施工時の塗膜厚が適正でなければ耐久性は著しく低下します。塗り回数と希釈度の問題です。
 

おい川塗装店は以上3点をしっかり施工します。

「屋根塗装・乾式洋瓦」のトップへ戻る

適応塗料

水系塗料

  • 水系アクリル樹脂塗料
  • 水系アクリルシリコン樹脂塗料

弱溶剤系

  • 弱溶剤二液型ポリウレタン樹脂塗料
  • 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂塗料
「屋根塗装・乾式洋瓦」のトップへ戻る

弊店推奨塗料

  • 水系塗料---水系アクリルシリコン樹脂塗料(水系ナノシリコン塗料・水谷ペイント)
  • 溶剤系塗料---弱溶剤二液型シリコン変性樹脂塗料(ルーフマイルドSi・水谷ペイント)
「屋根塗装・乾式洋瓦」のトップへ戻る

塗装標準仕様と施工ポイント

工程 塗料の種類 塗装方法と施工ポイント
下地調整 高圧洗浄機を使用して汚れや苔、着色スラリー層などを洗い落とす。
下塗り
(2〜3回)
専用シーラー2〜3回塗り
(通常2回ですが下地によっては3回塗り)
スプレー塗装も出来ますが周囲の環境によっては、刷毛塗りをおすすめします。
上塗り
(2回)
上塗り2回塗り仕上げ 刷毛塗り、又はエアレススプレー塗装。
「屋根塗装・乾式洋瓦」のトップへ戻る

乾式洋瓦の塗装施工例

埼玉県久喜市 T氏邸

屋根既存の様子 屋根塗装後の様子
屋根既存の様子。苔が生え、表面のスラリー層がかなり劣化しています。 塗装後の屋根の様子。弱溶剤二液型ポリウレタン樹脂塗料による塗り替え。
詳細を見る

施工例の詳細は「乾式洋瓦の屋根塗装施工例-1」のページを参照。

千葉県市川市 H氏邸

屋根既存の様子 屋根塗装後の様子
屋根既存の様子。苔が生え、表面の
スラリー層がかなり劣化しています。
塗装後の屋根の様子。弱溶剤二液型
シリコン変性樹脂塗料による塗り替え。
詳細を見る

施工例の詳細は「乾式洋瓦の屋根塗装施工例-2」のページを参照。

塗装価格、メーカーなど

塗装価格

高圧洗浄費 500-/u(スラリー層除去のため、他の屋根より単価が高めになります。)、屋根塗装の単独工事の場合、別途足場代が必要な場合があります。

使用塗料の種類 価格(単価)/u
水性アクリルシリコン樹脂塗料 2,900-〜
弱溶剤二液型ポリウレタン樹脂塗料 3,000-〜
弱溶剤二液型シリコン変性樹脂塗料 3,200-〜
  • 高圧洗浄費など下処理費用は含まれていません
  • メーカー : 水谷ペイント、オリエンタル塗料工業など
  • 下地の状態によってはシーラーの3回塗りが必要な場合があります。(900-/u加算)
補足

おい川塗装店の屋根塗装では、割れている瓦は一枚でもコーキングなどの応急処置ではなく、新しいものと交換してから塗り替えることを原則としていますが
乾式洋瓦の場合、現在生産中止のものが多く、型式によっては交換できないことがあります。

「屋根塗装・乾式洋瓦」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.