遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

遮熱塗装と棟換気設置のWエコリフォーム施工例・9

( カラーベスト・フルベスト葺き屋根の遮熱塗装と棟換気設置のWエコリフォームの施工例の紹介 )

屋根のWエコ・リフォーム施工例・9

Wエコ・リフォーム施工例・9

築14年、3階建て、初めての塗り替え
フルベスト葺き屋根
埼玉県ふじみ野市 H氏邸
弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料による屋根塗装と棟換気設置のWエコ・リフォームの施工例です。
割れているカラーベストの下処理、縁切り対策、遮熱塗料によるペイント・リフォーム、棟換気の設置工事など紹介しています。

施工前後

施工前の様子 Wエコ・リフォーム施工後の様子
施工前・既存の屋根の様子 Wエコ・リフォーム施工後の様子
遮熱塗装・棟換気設置のWエコ・拡大画像を見る
「遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9」のトップへ戻る

調査・診断

埼玉県ふじみ野市、H氏邸、築14年、屋根は初めての塗り替え。外壁のサイディングは無機塗装のため今回は塗装せず、シーリング工事と一緒に屋根の塗装をメインに施工。
下屋に2枚の割れがありました。今回のカラーベストはパナソニック(旧松下電工)製のフルベストですが、現在は製造されていません。
割れているものはケイミューのコロニアルクァッドを代用して差し替え交換することとしました。
夏期の厚さ対策、エコ対策として遮熱塗料によるペイントリフォームと棟換気の設置のWエコリフォームをご提案いたしました。

「遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9」のトップへ戻る

屋根の補修工事

棟包みの押さえ釘の補修

カラーベスト葺き屋根の場合、棟包みの押さえ釘が浮いていることが多く、屋根塗装では最初に浮いている釘の打ち直しからはじめます。
浮いているものはそのまま打ち込んでもまたすぐに浮いてきますので、ステンレス製のビスで打ち直します。

棟包みの押さえ釘が浮いている様子 ビスで打ち替え作業中の様子
棟包みの押さえ釘が浮いている様子 ビスで打ち替え作業中の様子。

割れているカラーベストの補修

下屋に2枚割れているものがありましたので差し替え交換しました。

割れているカラーベストを抜き取った後の様子 割れているカラーベストの様子
割れていたフルベストを抜き取った後の様子 割れていたフルベストを抜き取ったもの・真中で割れていた

カラーベストを剥がすと、毛細管現象や吹き込みでで釘穴の上まで雨水が浸入していることが分かります。
こうした重ね葺き屋根材では、スペーサーを使用して物理的に2、3mmの隙間を確保すると、釘穴まで雨水は吸い上げなれなくなります。また、侵入した雨水が表面張力によって排水されにくい問題も解決されます。

割れ口の様子 割れているカラーベストの様子
割れ口の様子・汚れと苔で黒ずんでおり、かなり以前から割れていたものと推察できます 割れていたフルベストを差し替え交換後の様子
「遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9」のトップへ戻る

棟換気の取り付け

実効寸法 L=900mm の棟換気を取り付けました。

棟に換気のための排気口を開けます。棟全体の長さが1,600mmしかありませんので、3cm幅で900mmの長さで開口しました。

換気口を開けた様子 棟換気取り付け後の様子
棟に換気口を開けた様子 棟換気取り付け後の様子。
詳しく見る

弊店で行っている棟換気の取り付け工事についての詳細は「棟換気の取り付け」のページを参照。

「遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9」のトップへ戻る

使用塗料と塗装仕様

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 弱溶剤二液型ポリウレタン樹脂塗料
        マイルド浸透シーラー 1回塗り
        快適サーモマイルドシーラー白 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー 03型 W工法
  • 上塗り材 : 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料 快適サーモSi 2回塗り
           color : サーモダンケルブラウン 近赤外波長域日射反射率 55.1%
「遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9」のトップへ戻る

塗装作業

棟包み等の役物の防錆塗装

補修工事後、棟包み等の役物への防錆塗装からはじめます。今回は水谷ペイントの弱溶剤二液性のFRプライマーを使用しました。

役物の防錆塗装後の様子
役物の防錆塗装とシーラー1回目塗装後の様子

下塗り・シーラー塗装

シーラーを下塗りすることで、上塗り塗料の素地への吸い込み予防、付着力の向上を計ります。
フルベストは素地が柔らかく塗料の浸透性が強く、標準仕様のシーラー1回塗りでは上塗りの適切な塗膜厚を得られません。
浸透性シーラーを塗ってから造膜タイプの白色シーラーを塗装することで適切な塗膜厚が得られ、上塗り塗料本来の耐久性が得られます。

浸透シーラー塗装作業中の様子 マイルドシーラー白塗装作業中の様子
マイルド浸透シーラー塗装作業中の様子
たっぷりと浸み込ませるように塗ります
快適サーモマイルドシーラー白塗装作業中の様子

タスペーサーによる縁切り

タスペーサーは通常、一枚のコロニアルの両サイドに計2個使用します。
タスペーサーによる縁切りの重要性については、「コロニアル屋根塗装の縁切り」のページを参照。

タスペーサーを挿入後の様子
タスペーサー挿入後・黒い点に見えるのがタスペーサー

屋根塗装の様子

上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装後の様子
上塗り2回目塗装後の様子

縁切りスペースの様子

スペーサーによる縁切り後の様子
タスペーサーによる縁切りの確認。重ね合わせ目が塗料で塗り固められていません。隙間が確保されており、適度の排水スペースがしっかり確保されているのが確認できます。
「遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9」のトップへ戻る

Wエコ・リフォーム後の様子

 
Wエコリフォーム後の様子
遮熱塗料によるペイントリフォームと棟換気の設置とのWエコ・リフォーム後の様子
「遮熱塗装と棟換気設置の施工例・9」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.