埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

屋根のWエコ・リフォーム施工例-15

Wエコ・リフォーム施工例・15

築10年、2階建て、初めての塗り替え
カラーベスト(コロニアル)葺き屋根
埼玉県和光市 O氏邸
弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料による屋根塗装と、棟換気設置のWエコ・リフォームの施工例です。
遮熱塗料によるペイント・リフォーム、棟換気の設置の、弊店推奨の「屋根のWエコ・リフォーム」を紹介しています。

調査・診断

埼玉県和光市、O氏邸、築10年、初めての塗り替え。
カラーベスト葺き屋根塗装では、数枚の屋根材が割れている現場がほとんどで、一枚も割れていないケースは、数パーセントに過ぎません。
今回の現場では、差し替える必要性のある「割れ」はありませんでした。

棟包みの押さえ釘の浮いているところは、ステンレスビスで押さえ直しをしてから、塗装工事に入りました。

夏場の暑さ対策として、遮熱塗料によるペイントリフォームと、棟換気の設置というWエコ・リフォームの仕様で行いました。

目次に戻る

塗装前処理

棟包みの押さえ釘で、浮いているものは、そのまま締め直しても、またすぐに浮いてきます。
締め直した後で、シーリング材をたっぷり塗って、押さえる方法もありますが、弊店の屋根塗装では、ネジ止めでしっかりと押さえ直す方法を、とっています。

押さえ釘の浮いている様子
押さえ釘の浮いている様子
ビスで押さえ直し作業の様子
ステンビスで押さえ直します

目次に戻る

棟換気の取り付け

今回の現場では、施主様のご希望もあり、実効寸法 L=900mmの棟換気を二か所に取り付けました。

開口部に水切りを取り付けている様子
棟に換気口を開口します
ガラリの取り付け前に水切りを取り付けます
棟換気取り付け後の様子
棟換気取り付け後の様子・中央の棟換気は既存のものです
詳しく見る

弊店で行っている棟換気の取り付け工事についての詳細は、「棟換気の取り付け」のページを参照。

目次に戻る

使用塗料と塗装仕様

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー 03型 W工法
  • 上塗り : 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料
          快適サーモSi Color : ニューサーモブラック 2回塗り

目次に戻る

塗装作業

役物の防錆塗装

棟包み、雪止めなどのサビ止め塗装を行います。

棟包みのサビ止め塗装後の様子
棟包みや谷などの役物を防錆塗装します

下塗り・シーラー塗装

快適サーモマイルドシーラー白塗装作業中の様子
快適サーモマイルドシーラー白塗装後の様子

タスペーサーによる縁切り

タスペーサーは通常、一枚のコロニアルの両サイドに、計2個使用します。
弊店の縁切りでは、より確かな排水スペースを確保するため、03型のタスペーサーを標準使用しています。

タスペーサーによる縁切りスペースについては、「タスペーサーによる縁切りのスペー」のページを参照。

タスペーサーによる縁切り後の様子
タスペーサーによる縁切り後の様子

タスペーサーをコロニアルの両サイド15~20cm程内側に差し込みます。
黒い点に見えるのがタスペーサーです。

上塗り塗装作業の様子

上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子
軒先水切り塗装後の様子
軒先水切り塗装後の様子・見えないところもしっかり塗ります

縁切りスペースの確認

縁切りの様子
タスペーサーによる縁切りの確認

縁切りスペースの確認
コロニアル横の合わせ目付近が塗料で塗り固められておらず排水スペースが確保されています。

目次に戻る