埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の屋根塗装はおい川塗装店

屋根のWエコ・リフォーム施工例-1

遮熱塗装と棟換気設置の施工例・1

築15年・3階建て・コロニアル葺き屋根
埼玉県さいたま市桜区
弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料を使用した塗装施工例です。
遮熱効果の高いパールグレー色を使用したペイントリフォームと棟換気の設置による小屋裏の熱放出のダブル効果を狙った屋根の節電エコリフォームの紹介です。

調査・診断

埼玉県さいたま市桜区、N様邸、築15年、初めての塗り替え。
築15年ということもあって、苔の発生はもちろん、既存の塗膜は剥がれ落ちて、素地の肌がかなり露出している。
丁寧な水洗いが必要。

棟包み板、ケラバ水切りなど役ものの押さえ釘が浮いているので打ち直しが必要。
棟のコロニアルが一列分葺き足りないため、釘穴が露出していたので補修が必要。

以前に雨漏りしたことがあるとのこと、点検が必要。

目次に戻る

補修工事

 

棟部分のコロニアルの葺き足し

棟部分のコロニアルが葺き足りなく、釘穴が露出していた。
一列葺き足しが必要。

棟包み、長押しをはずして、葺き足し作業を行った。

既存の様子 葺き直し後の様子
釘穴が露出し、シーリング補修してあった 棟の両側、一列コロニアルを葺き足し
 

雨漏り箇所の補修

雨漏り箇所付近の屋根の様子 棟包みを取り外し後の様子
雨漏りがした箇所付近の屋根の様子
見た目にはわからない
棟包みをはずしてみるとコロニアルが割れているのが確認された
釘による原因で割れている様子 割れているコロニアルを差し替え後の様子
長押しを外してみると、押さえ釘による割れであることがわかる 割れていたコロニアルを差し替え補修後の様子

目次に戻る

縁切り対策

シーラー塗装後、縁切り対策はタスペーサーを使用して行う。
今回の縁切り材のタスペーサーは03型を使用し、W工法で一枚のコロニアルに二個使用。

既存の様子
タスペーサーはコロニアルの両サイドに挿入

コロニアルの重なり部は塗り替えた塗膜で塗り固められると、横の合わせ目から侵入した雨水が排水されず内部に溜まり、雨漏りの原因になることがあります。

縁切り部材、タスペーサーはコロニアルの端から15cm位内側の位置に挿入し、コロニアルの重なり部に進入した雨水の排水スペースを確保します。
内部の湿気の改善、雨漏り予防のためコロニアルの塗り替えには不可欠な作業です。

目次に戻る

使用塗料と塗装仕様

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 弱溶剤二液型ポリウレタン樹脂塗料 マイルド浸透シーラー 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー 03型 W工法
  • 上塗り材 : 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料快適サーモSi 2回塗り
          ( color:サーモパールグレー )
補足

遮熱塗料の赤外線反射率は白に近いほど高い。
遮熱塗料であっても、通常の白色ペイントより、その表面温度は高いことになる。
遮熱効果はその色相によって異なってくるので注意が必要です。

一般住宅では、外壁とのバランスからどうしても屋根は濃色になりがちです。
屋根の色を選択する際、暑くてたまらない住まいにとって、遮熱塗料の色相選択は一考の価値があるリフォームポイントではないでしょうか。

目次に戻る

塗装工程

シーラー塗装後の様子 役ものの錆止め塗装
シーラー塗装作業中の様子 役ものの錆止め塗装後の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装後の様子
上塗り一回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装後の様子

目次に戻る

縁切りの確認

タスペーサーによる縁切りの確認
タスペーサーによる縁切りの確認

横の合わせ目付近の排水スペースがしっかり確保されているのが確認できます。
タスペーサーの03型は平均して3mmの排水スペースが確保されます。
次回の塗り替えでは、そのまま塗装しても十分縁切りの役目を果たしますので、メンテナンスサイクルを考慮すると経済的と思います。

目次に戻る

屋根塗装後の様子

リフォーム後の様子
リフォーム後の様子

遮熱効果の高い「パールグレー色」でのペイントリフォーム、
棟換気の設置で小屋裏(屋根裏)の換気による温度低下のダブル効果でエアコンの効き目が向上し、節電対策に貢献します。
今回は、アナログアンテナの撤去と地デジ用アンテナの取り付け工事はサービス工事で対応させていただきました。

詳しく見る

弊店で行っている棟換気の取り付け工事についての詳細は「棟換気の取り付け」のページを参照。

元のページへ トップに戻る