埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の屋根塗装はおい川塗装店

屋根の塗装面積

屋根の塗装面積

屋根の塗装面積の算出では、屋根の勾配、屋根材の形状によってその実面積(表面面積)が変わります。
屋根材の形状による塗装面積の関係について紹介しています。

屋根材の形状と塗装面積

屋根の塗装面積はその屋根材の種類や葺き方によって実面積が異なってきます。
一般的には形状別の係数を乗じて求められます。

瓦の形状と塗装面積

和瓦 波形洋瓦
セメント和瓦 セメント洋瓦
横の長さに対する比率 = 1.08 横の長さに対する比率 = 1.16

金属系屋根材の形状と塗装面積

瓦棒葺きトタン屋根 折板
瓦棒葺き屋根の形状と寸法 折半の形状と寸法
横の長さに対する比率 = 1.24 横の長さに対する比率 = 1.72

スレート系屋根材の形状と塗装面積

大波スレート(波型1号) 小波スレート(波型2号)
大波スレートの形状と寸法 小波スレートの形状と寸法
横の長さに対する比率 = 1.15 横の長さに対する比率 = 1.20

目次に戻る

屋根の塗装面積の求め方

実面積の求め方

投影面積x 係数 = 実面積

(例) 和瓦の場合
  投影面積 x 1.08 = 実面積

塗装面積

棟瓦と袖瓦の様子
棟瓦と袖瓦の様子

屋根の塗装面積を求める場合、実面積に棟瓦や袖瓦の部分も加算されます。

  • 棟瓦の部分 : 高さによって違ってきます。
     (長さの1.2~1.5位)
  • 袖瓦の袖部分や軒先の唐草部分の面積
     (長さの1.2~1.3位)

投影面積の少なくとも1.2から、場合によっては1.5倍位になることもあります。

元のページへ トップに戻る