埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の屋根塗装はおい川塗装店

屋根の形状の種類

屋根の形状

屋根塗装では屋根の形状、勾配が塗装面積の積算や工事用足場の要・不要で大切な情報となります。
屋根の形状について紹介しています。

屋根の形状の基本形

屋根の形状は基本的な形状のものから、それらを組み合わせたものまで色々です。
このページでは、屋根の主な基本的形状を紹介しています。

切り妻(きりづま)

切妻の形状

単純な形状は雨じまいもしやすく雨漏りのトラブルも少なくい。
最も多くの住宅に採用されている形状です。
寄棟に部粉的に切妻を付けたりしていることも多くあります。

寄棟(よせむね)

寄棟の形状

構造上、頑丈です。
台風などの風圧にたいしても強く、多くの住宅に採用されてます。

方形(ほうぎょう)

方形の形状

大棟のないピラミッド型の屋根の形状を言います。
寄棟とは言わず、方形屋根(ほうぎょうやね)と言います。

入母屋(いりもや)

入母屋の形状

切り妻と寄棟を合体したような形状が特長。
化粧垂木や大棟と下り棟の屋根は、格調高い屋根として和風住宅に古くから採り入れられています。

片流れ(かたながれ)

片流れの形状

最もシンプルな掲示用の屋根。
そのシャープでモダンなイメージがデザイン住宅などで採用されています。
屋上バルコニーやフラット屋根と組み合わせる場合もあります。

陸屋根(りくやね、ろくやね)

陸屋根の形状

主に鉄筋コンクリート、鉄骨構造の住宅で採用され、木造住宅では構造的な理由から、まず採用されることはありません。
シンプルですが、防水施工を丁寧にやらないと、雨漏りの危険性が大きい屋根形状です。

鋸屋根(のこぎりやね)

鋸屋根の形状

片流れが連なった形状の屋根です。
立ち上がり壁に採光をとるための窓や開口を設けられるため、工場に多く採用されていましたが、最近あまり見られなくなりました。
住宅では採光のメリットをうまく生かした住宅も見られます。

バタフライ

バタフライ屋根の形状

蝶々の羽形状の屋根です。
雨漏りの原因になりやすく最近はあまり見かけられません。
雪かきが必要な地域には不向き。

マンサード

マンサード屋根の形状

2種類の屋根勾配が合わさった形状の屋根。
屋根裏を広くとれるメリットがあります。
北海道などではよく見かける形状です。

かまぼこ屋根

かまぼこ屋根の形状

かまぼこの形状からきている屋根の呼び名です。
アール(R)屋根とも言います。
体育館の屋根などに多く見られますが、そのモダンなデザインは最近の住宅でもしばしば見うけられます。
屋根のトップ部分は勾配が0になるので、雨仕舞いには留意が必要です。

元のページへ トップに戻る