埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の屋根塗装はおい川塗装店

コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-2<

コロニアルの塗装施工例

築20年、水谷ペイント社の弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料を使用した、初めてのコロニアルネオ葺き屋根の塗り替えの塗装施工例のご紹介です。
タスペーサーによる縁切り作業、使用塗料、塗装作業状況など詳しく紹介しています。

調査・診断

埼玉県白岡町、I氏邸、築20年、初めての塗り替え。
築20年ということもあって、苔の発生はもちろん、既存の塗膜は剥がれ落ちて、素地の肌がかなり露出している。
丁寧な水洗いが必要。

また棟包み板、ケラバ水切りなど役ものの押さえ釘が浮いているので打ち直しが必要。

目次に戻る

補修工事

 

押さえ釘の打ち直し

役ものの押さえ釘は風のあおりや建物の振動などで、長い間には浮いてきます。
抜けてしまっていることも珍しくありません。

放置しますと、台風などのときに剥がれ飛び、思わぬ事故の危険があります。
一度浮いた釘はそのまま打ち込みなおしても抜けやすくなります。
浮いている釘は、弊店では面倒でも釘の変わりにビスによる打ち直しを行っております。

棟包みの押さえ釘の浮いている様子 ビスで打ち直し作業の様子
棟包み板の押さえ釘が浮いている様子 ステンレスビスで打ち直し作業中の様子
ケラバ水切りの押さえ釘が浮いている様子 ステンビスで打ち買え後の様子
ケラバ水切りの押さえ釘が浮いている様子 ステンビスで打ち直し後の様子

目次に戻る

縁切り対策

遮熱塗料は一般的な屋根用塗料に比較して厚塗りになるので縁切り対策はタスペーサーを使用して行う。
今回の縁切り材のタスペーサーは03型を使用し、W工法で一枚のコロニアルに二個使用。

タスペーサーによる縁切り

コロニアルの重なり部は塗り替えた塗膜で塗り固められると、横の合わせ目から侵入した雨水が排水されず内部に溜まり、雨漏りの原因になることがあります。
縁切り部材、タスペーサーはコロニアルの端から15cm位内側の位置に挿入し、コロニアルの重なり部に進入した雨水の排水スペースを確保します。
内部の湿気の改善、雨漏り予防のためコロニアルの塗り替えには不可欠な作業です。

目次に戻る

使用塗料と塗装仕様

使用塗料

遮熱塗料の荷姿 タスペーサーの荷姿
遮熱塗料の荷姿 タスペーサーの荷姿
  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 弱溶剤二液型ポリウレタン樹脂塗料( 製品名・マイルド浸透シーラー )
  • 上塗り : 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料
        ( 製品名・快適サーモSi・color:サーモブラック )

塗装仕様

  • 下塗り : マイルド浸透シーラー : 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー 03型 W工法
  • 上塗り材 : 快適サーモSi : 2回塗り

目次に戻る

塗装作業

水洗い後の様子 シーラー塗り作業中の様子 役ものの錆止め塗装
水洗い後の様子 シーラー塗装作業中の様子 役ものの錆止め塗装後の様子
タスペーサーによる縁切り作業 上塗り1回目塗装御の様子 上塗り2回目塗装作業中
タスペーサーによる縁切り作業(シーラー塗装後に行います) 上塗り一回目塗装後様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装後の様子
屋根塗装施工後(上塗り2回)の様子

目次に戻る

縁切りの確認

タスペーサーによる縁切りの確認
タスペーサーによる縁切りの確認

横の合わせ目付近の排水スペースがしっかり確保されているのが確認できます。
タスペーサーの03型は平均して3mmの排水スペースが確保されます。
次回の塗り替えでは、そのまま塗装しても十分縁切りの役目を果たしますので、メンテナンスサイクルを考慮すると経済的と思います。

元のページへ トップに戻る