埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の屋根塗装はおい川塗装店

コロニアル屋根の塗装施工例-13

コロニアルの塗装施工例

カラーベスト葺き屋根、初めての塗り替え。
弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料を使用した、カラーベスト葺き屋根の塗装施工例のご紹介です。
タスペーサーによる縁切り作業、使用塗料、塗装作業状況など詳しく紹介しています。

調査・診断

埼玉県さいたま市、初めての塗り替え。
カラーベスト(コロニアル)葺き屋根です。

VHF用アンテナ本体が撤去されていましたが、視線はそのまま放置されておりました。
アンテナ撤去の際に割られたと思われるカラーベストが2枚ありました。
交換後、塗装作業に入ります。

今回はタスペーサー03型を使用して「縁切り」を行います。

目次に戻る

補修工事

割れているコロニアルの交換

今回の屋根塗装の現場では、明り取り窓付近に2枚の割れがありました。
天窓(明り取り窓)の周囲には水切り(雨水の侵入防止)があります。
その先端部は折り返してあり、屋根材はその上に乗っている状態です。
そのため、カラーベストは5mm以上浮いた状態になっています。
不用意にその上に乗ってしまうと薄い屋根材のカラーベストは割れてしまう危険性が高いのです。
従って、少なくとも周囲30cm位は乗ってはいけない箇所なのです。屋根の上での作業では注意が必要です。
屋根の谷付近やケラバ、壁際水切りなども同様です。

今回の現場では棟に近い箇所でしたので、 棟包み、長押しを剥して交換しました。

補修の例

割れているカラーベストの場所の様子 割れているカラーベストの様子
割れているカラーベストの場所 割れているカラーベストの様子
交換作業の様子 交換後の様子
カラーベストの交換作業の様子 交換後の様子の様子(塗装後)

棟包みの押さえ釘の浮き

棟包みの押さえ釘の浮いているところはステンレスビスで押さえ直します。

押さえ釘の浮いている様子 ビス止めの様子
棟包みの押さえ釘が浮いている様子 一度浮いた釘は締め直しても浮きやすくなります。
ステンレスビスで押さえ直します

目次に戻る

使用塗料と塗装仕様

使用塗料

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り材 : 快適サーモマイルドシーラー白
  • 上塗り材 : 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂屋根用遮熱塗料
          製品名 快適サーモSi ( Color : パールグレー 日射反射率 : 75.1% )

今回の屋根塗装は施主様のご希望によりパールグレー色での施工となりました。

塗装仕様

  • 縁切り : タスペーサー 03型 W工法
  • 下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白 1回塗り
  • 上塗り : 快適サーモSi : 2回塗り

目次に戻る

塗装作業

塗装前の様子

屋根既存の様子 水洗い後の様子
屋根既存の様子 水洗い後の様子

役物の防錆塗装

軒先水切り錆止め塗装作業中の様子 雪止め防錆塗装後の様子
軒先水切り防錆塗装作業中の様子 雪止め防錆塗装後の様子

下塗り(シーラー塗装)

下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白の塗装

シーラー塗装作業中の様子 シーラー塗装後の様子
シーラー塗装作業中の様子 シーラー塗装後の様子

タスペーサーによる縁切り

タスペーサー挿入後の様子
03型タスペーサーを使用して縁切り作業後の様子
黒い単線に見えるのがタスペーサーです

上塗り

上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装後の様子 上塗り2回目塗装後の様子
上塗り2回目塗装後の様子
(左側)上塗り回目・(右側)上塗り2回目塗装後の様子

目次に戻る

縁切りの確認

タスペーサーによる縁切りの確認
塗装仕上げ後のタスペーサーによる縁切りの確認

横の合わせ目付近が塗料で塗り固められておらず、排水スペースがしっかり確保されているのが確認できます。

元のページへ トップに戻る