コロニアル葺き屋根の遮熱塗装施工例-10

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

遮熱塗料によるコロニアル葺き屋根の塗装施工例-10

( 築20年、コロニアルネオ葺き屋根。弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料による塗装施工例のご紹介 )

コロニアルネオ屋根の遮熱塗装施工例-10

コロニアルの塗装施工例

築20年、2回目の塗り替え。弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料を使用した、コロニアルネオ葺き屋根の塗装施工例のご紹介です。
タスペーサーによる縁切り作業、使用塗料、塗装作業状況など詳しく紹介しています。

施工前後

施工前の様子 屋根塗装施工後の様子
施工前 塗装施工後・拡大画像
「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-10」のトップへ戻る

調査・診断

埼玉県新座市、H氏邸、築20年、屋根は2回目の塗り替え。カラーベスト(コロニアルネオ)葺き屋根です。
前回の屋根塗装では縁切りが施されてありませんでした。
今回はタスペーサー03型を使用して「縁切りを行います。
下屋に3枚の割れがあり、補修作業が必要です。

「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-10」のトップへ戻る

下処理

割れているコロニアルの補修

今回の屋根塗装の現場では、下屋に3枚の割れているコロニアルがありましたが、役絡みで差し替え交換できない場所でしたので、カラーボンデ鋼板を使用して裏貼り補修を行いました。

天窓周りのコロニアルの補修の様子 壁際水切り付近のコロニアルの補修の様子
天窓付近のコロニアルの補修 壁際水切り付近のコロニアルの補修

シール材を接着剤代わりにして、ボンデ鋼板を割れている箇所の裏側に差し込み貼り付け補修します。シール材を使用することでコロニアルに荷重がかかってもその弾力性で力を逃がしてくれます。
割れている箇所の表面にシールしているのをよく見かけますが、そうした補修方法は「やらないよりは良い」程度のものです。

棟包みの押さえ釘の浮き

棟包みの押さえ釘の浮いているところはステンレスビスで押さえ直します。

押さえ釘の浮いている様子 ビス止めの様子
棟包みの押さえ釘が浮いている様子 一度浮いた釘は締め直しても浮きやすくなります。ステンレスビスで押さえ直します
押さえ釘の抜けている様子 ビス止め後の様子
なかには押さえ釘が抜け落ちている箇所もありました 大屋根に3箇所、下屋に16箇所、計19本ビスで押さえ直しました。
「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-10」のトップへ戻る

使用塗料と塗装仕様

使用塗料

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り材 : 快適サーモマイルドシーラー白
  • 上塗り材 : 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料
           製品名 快適サーモSi color : サーモN6グレー( 日射反射率 : 72.7% )

今回の屋根塗装では、遮熱効果の高いパールグレーを推奨しましたが、施主様の「白っぽ過ぎる」とのご意向によりサーモN6グレーでの施工となりました。

塗装仕様

  • 縁切り : タスペーサー 03型 W工法
  • 下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白 : 1回塗り
  • 上塗り : 快適サーモSi : 2回塗り
「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-10」のトップへ戻る

塗装作業

役物の防錆塗装

 
棟包みのケレン作業中の様子 役物の防錆塗装作業中の様子
役物のペーパーによるケレン作業中の様子 役物の防錆塗装作業中の様子
 
役物の防錆塗装後の様子 雪止めの防錆塗装後の様子
役物の防錆塗装後の様子 雪止めの塗装後の様子

下塗り(シーラー塗装)

シーラー塗装後の様子 シーラー塗装後の様子
シーラー塗装作業中の様子 シーラー塗装後の様子

タスペーサーによる縁切り

タスペーサー挿入後の様子
03型タスペーサーを使用して縁切り後の様子・黒い点に見えるのがタスペーサーです

上塗り

上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子(右半分)

上塗り二回目の色が白っぽく見えますが、塗膜が乾燥すると濃くなり1回目と同じ色になります。
この色の差があることが、「塗り残し」予防のためにもなります。

「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-10」のトップへ戻る

縁切りの確認

タスペーサーによる縁切りの確認
塗装仕上げ後のタスペーサーによる縁切りの確認。
横の合わせ目付近が塗料で塗り固められておらず、排水スペースがしっかり確保されているのが確認できます。
「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-10」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.