コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-1

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

遮熱塗料によるコロニアル屋根の塗装施工例-1

( 築24年、2回目の塗り替え。コロニアル葺き屋根。遮熱塗料による塗装施工例のご紹介 )

コロニアル屋根の遮熱塗装施工例・1

コロニアルの塗装施工例

築24年、2回目のコロニアルネオ葺き屋根の塗り替え塗装施工例のご紹介です。水谷ペイントの弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料、ニューサーモブラックによるペイントリフォームを紹介しています。

施工前後の様子

塗装施工前の様子 塗装後の様子
既存の様子・チョーキングが進んでいます 塗装施工後の様子・拡大画像
「遮熱塗料によるコロニアルの塗り替え塗装施工例-1」のトップへ戻る

調査・診断

下屋の谷付近にコロニアルが3枚割れている箇所がありました。弊店の屋根塗装では、「割れているものは交換してから塗り替える」方針で対処。
今回は2回目の塗り替えですが、前回は色あせが早かったとのこと。今回はシリコン系遮熱塗料での塗り替えをお勧めしました。

「遮熱塗料によるコロニアルの塗り替え塗装施工例-1」のトップへ戻る

補修工事

 

コロニアルの補修

谷の役物はコロニアルの下で折り返してあり、谷付近のコロニアルは浮いた状態になっております。そのため谷付近のコロニアルには絶対乗ってはいけません。
しかし、不用意に乗るとこのような「割れ」は生じます。屋根に乗るものの常識ですが、塗り替え時に屋根を点検すると、こうした原因による「割れ」が多いのも現実です。

割れているコロニアルを差し替え後の様子 割れているコロニアルの割れ口の様子
谷付近に3枚の割れ
割れているコロニアルを差し替え後の様子
割れているコロニアルの割れ口の様子
割れ口が汚れているのでかなり以前に割れ割れたものと思われます
「遮熱塗料によるコロニアルの塗り替え塗装施工例-1」のトップへ戻る

使用塗料と仕様

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー03型 W工法
  • 上塗り : 快適サーモSi ( 弱溶剤二液型シリコン変性樹遮熱塗料) 2回塗り
           color : ニューサーモブラック 日射反射率 55.1%
「遮熱塗料によるコロニアルの塗り替え塗装施工例-1」のトップへ戻る

塗装作業

屋根既存の様子 水洗い後の様子
チョーキングと汚れの既存の様子 水洗い後の様子
役物の防錆塗装後の様子 シーラー塗装作業中の様子
棟包み、谷など役物の防錆塗装後の様子 シーラー塗装作業中の様子
タスペーサーによる縁切り
シーラー塗装後、タスペーサーを挿入して「縁切り」をします。画像の中で黒い点に見えるのがタスペーサーです。
上塗り1回目塗装作業中の様子 屋根塗装後の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 屋根塗装後の様子
「コロニアルの遮熱塗装施工例-1」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.