窯業系サイディングの目地底面の修正

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

幅の広すぎる目地への対応

( 窯業系サイディングの広すぎる目地シーリングの打ち換えの対処の仕方を紹介 )

二面接着の確保の仕方

二面接着

窯業系サイディングの外壁塗装では、目地シーリングは打ち換えが原則です。目地幅が広すぎて、正しく二面接着が形成されていない目地が多く見受けられます。そうした目地への対応について紹介しています。

ハットジョイナーと目地幅

二面接着による目地の納まり

ハットジョイナーはハット部分(目地底面)にボンドフレーカーを貼ることで、シーリング材の二面接着が確保されるよう設計されています。
また、ハットジョイナーは規則的な目地を形成するための定規の役割を果たしています。
ハット部分(凸部)に押し付けてサイディングを貼ることで規則的な目地幅を形成できます。
実際の塗り替えの現場では、築10年以上の建物が主ですのでサイディングの貼り方が悪く、ハットジョイナーの機能が十分生かされていないことが多くあります。

「目地シーリングの二面接着による打ち換え」のトップに戻る

広すぎる目地幅

外壁塗装の現場では、目地シーリングの打ち換えを行っていると、サイディングの施工の不具合から目地幅が広すぎる問題に直面することが多くあります。

広すぎる目地の例

目地の隙間の様子 目地の隙間の様子
ハットの左右両サイドに3mm程度の隙間があります 目地の左側に6mm程度の大きな隙間があります
広すぎる目地の断面図 広すぎる目地の断面図
図の赤い線のマーク部分が接着しています。三面接着に近い形となり、シーリング材のスムースな動きを阻害します。

このままの状態でシーリングの「打ち換え」を行っても、数年で「剥がれ」が生じたり、経年で「ひび割れ」や「断裂」が生じやすくなります。

「目地シーリングの二面接着による打ち換え」のトップに戻る

フラットな底面への補修

目地底面の作成

二面接着への対応

目地の底面に出来ている隙間にシーリング材を捨て打ちをし、ハットの高さに合わせてフラットな底面を作ります。
その後、目地幅にフィットした幅のボンドブレーカーを貼り直して、二面接着になるよう目地を補修します。

目地のすきまにシーリング材を捨て打ちして底面をフラットにした様子 ボンドブレーカーを貼り直し後の様子
目地底面の隙間にシーリング材を捨て打ちし、フラットに底面に補修後の様子 目地幅に合ったボンドブレーカーを貼り付け、二面接着になるようにします

二面接着の確保

目地底面をフラットに補修し、目地幅に応じたサイズのボンドブレーカーを貼り付け二面接着を確保して、シーリングの打ち換えを行います。
弊店の外壁塗装におけるシーリング工事では、目地の2mm以上の隙間に対し、常にこの補修作業を行っております。

幅の異なるボンドブレーカー

弊店では、常に数種類の幅のボンドブレーカーを用意して、いろいろな目地幅に対応できる体制を整えています。

「目地シーリングの二面接着による打ち換え」のトップに戻る

広過ぎる目地の打ち換え

広過ぎる目地幅に対するシーリング「打ち替え」工事の施工手順(流れ)の例を紹介しています。

既存のシーリングを撤去後の様子 マスキングテープで養生後の様子
既存のシーリング材を撤去後の様子 マスキングテープで養生後の様子
シーリング用のプライマーを塗布している様子 隙間にシーリングを捨て打ちしているの様子
シーリング用プライマーを塗ります 隙間にシーリング材を捨て打ちしてハットと同じ面になるようしごき均します
目地幅に合った幅のボンドブレーカーを貼ります シーリング打ち換え後の様子
目地幅に合ったボンドブレーカーを貼り付け、二面接着になるようにします シリング打ち換え後の様子
「目地シーリングの二面接着による打ち換え」のトップに戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.