埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

屋根への棟換気の設置方法

屋根の棟換気

弊店の屋根塗装では、夏の高温対策として遮熱塗料によるペイントリフォームと棟換気の設置のWエコリフォームをご提案しており、好評いただいております。
このページではカラーベスト葺き屋根の弊店で行っております棟換気の取り付けについて紹介しています。

棟換気の構造と換気能力

棟換気の基本構造
棟換気の基本構造
  • 棟換気の構造で最も重要なのは雨仕舞い、雨水の逆流防止です。
    逆流を防止する対策として、市販の棟換気の多くは迷路方式を採用しています。
    迷路方式は雨水の逆流防止には良いが通気性は悪く、換気能力が弱くなってしまいます。
  • ストレート構造は通気性もよく、換気能力が高いが雨水の逆流が問題です。
  • この問題を解決したのがストロー方式によるハニカム構造を採用している日本住環境(株)の「リッヂベンツ」です。
    ストロー構造は水の表面張力によって逆流を防ぎ、それをハニカム構造で仕上げることによって十分な通気性と強度を確保することができます。
    取り付けには、現場での板金加工が必要で手間がかかりますが、特に後付の場合、棟の長さに合わせて現場対応できることが長所です。
    現場適応性と換気効率の良さから弊店の棟換気はリッヂベンツを使用しています。

目次に戻る

換気口の開口(カラーベストの場合)

妻側の壁ガラリは排気口なのか吸気口なのかはっきりしません。
吸気は軒天から有孔板などとして、小屋根の最も高い位置にある棟から排気させるという明快な方法が最も効率が良いとされています。

手順としては、まず棟に排気のための開口作業からはじめます。

詳しく見る

棟換気の効果、小屋裏換気の原理についての詳細は「屋根の遮熱塗装と棟換気のWエコ」のページの棟換気の効果の項を参照。

棟包みを外した様子 棟に排気口を開口した様子
棟換気を設置する部分の棟包みを外します 幅2~3cm、必要な長さ(小屋裏の容積によって異なります)の排気口を開けます
棟に排気口を開口した様子
棟に排気口を開校した様子

既存の屋根に排気のための開口作業の終了です

既存の屋根に排気口を開口する手順はつぎのようになります。

  1. 棟包みを外したなら長押しの板も外します。
  2. カラーベスト、フェルト、野地板の順に必要な大きさに切り取ります。
  3. 長押しを開口部合わせて切り取り、張りなおします。
  4. 棟包みも開口部合わせて切り取り、張りなおします。

目次に戻る

棟換気の設置

メーカーの仕様に沿って、捨て水切り、換気部材ガラリ、長押し、フェルト、棟包みの順で施工してゆきます。
各作業には防水テープを使用して雨仕舞に十分注意して施工します。

棟包みを外した様子 棟に排気口を開口した様子
加工して置いた「捨て水切り」を取り付け、上に防水テープを貼ます 換気部材の「ガラリ」を取り付けます
長押しを取り付けた様子 ルーフィング貼り付け様子
ガラリの上に棟包み取り付けのための長押しを取り付けます 長押しの上からルーフィングで包みます
長押しを取り付けた様子
長押しを取り付けた様子様子

棟包みを取り付け、最後にシーリング処理で終了です

補足

この棟換気の設置には、軒天の通気口(吸気口)が必要です。
既存の軒天に有孔板などによる通気口が無い場合は、棟換気の設置と共に軒天への吸気口設置の工事が必要です。

吸気口の様子
吸気口の様子

元のページへ トップに戻る