埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

カラーベスト(コロニアルなど)の割れる原因

コロニアルの割れている様子

カラーベスト(コロニアル)などの薄板化粧屋根材葺き屋根においては、屋根塗装の際に点検しますと、数枚割れていることが多くあります。
弊店の屋根塗装施工時に、屋根材の割れている原因の中で、特に多いものについてまとめてみました。

割れる原因

薄板化粧屋根材のカラーベスト(コロニアル)などは、屋根塗装の際に九割以上の建物で数枚は割れています。

屋根塗装施工時には、塗装前処理として、上からシーリング補修で済ませるのではなく、「割れているものは新しいものに差し替え交換してから塗り替える」を弊店の屋根塗装のモットーとしております。

今までの弊店の施工経験から、割れた経緯、原因の中で多かったものをまとめてみました。
割れている原因で最も多いのは次の二つです。

1. 「長押し」の押さえ釘の打ち込みによるもの。
   新築時からの割れで、下穴を開けずに釘を打ち込むために割れます。
コロニアルなどが割れている原因で最も多いのがこのタイプの割れです。

2. 水切り、谷付近の役物周りの割れで、不用意に乗るために出来る割れ。
 水切りなど役物付近は屋根材が数ミリ押し上げられ浮いた状態になっています。
そのような上に乗ると割れてしまいます。
アンテナ工事などで不用意に乗ると割れてしまいます。
新築時の屋根工事後に出来る「割れ」。

目次に戻る

割れている実際例と差し替え

長押しの釘の打ち込みによるもの

築14年、富士見野市、コロニアル葺き屋根の例。
 長押しの押さえ釘の打ち込みによって出来た割れの例の紹介です。

コロニアルの割れている様子 新しいものに差し替え交換後の様子
コロニアルの割れている様子(シーリング補修してありました) 新しいものに差し替え交換後の様子
長押しを外した様子
長押しの押さえ釘の位置と抜き取ったコロニアルと釘穴の位置

割れ口と釘穴の関係から、長押しの押さえ釘の打ち込みによる割れであることが分かる。
本来、下穴を開けてから押さえ釘を打ち込めば、こうした割れは防げるが、そのような一(ひと)手間を惜しむのが現在の下請け制の建築現場の実情です。

役物周りの割れ

壁際水切り付近に出来ていた割れ

水切りの上に乗っているコロニアルは数ミリ浮いた状態になっています。
その上から不用意に乗ると割れてしまいます。

水切り付近のコロニアルのに割れ 水切りの上に乗って浮いた状態のコロニアルの様子
壁際水切り付近の割れているコロニアル 水切りの上に乗って浮いた状態のコロニアルの様子
割れていたコロニアルを抜き取った状態 割れ口の様子
割れていたコロニアルを抜き取った状態 割れ口の汚れの状況から、かなり以前から割れていたことが伺える
新しいものに差し替え交換後の様子
新しいものに差し替え交換後の様子

谷付近に出来ていた割れ

谷の上に乗っているコロニアルは数ミリ浮いた状態になっています。
その上から不用意に乗ると割れてしまいます。

谷付近の割れていたコロニアルの様子 新しいものに差し替え交換後の様子
谷付近の割れていたコロニアルの様子 新しいものに差し替え交換後の様子

元のページへ トップに戻る