埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

サイディング外壁のクリア塗装仕上げ

外壁サイディングのクリヤー塗装

最近、窯業系サイディングの高意匠化が進み、「サイディングの色調が気に入っているので、模様をそのままで仕上げたい。」とのお客様のご相談が多くなっています。
シーリング工事は行いたいが、サイディングの意匠は残したい。
そんなご要望にお答えできる外壁のクリヤー塗装仕上げのご紹介です。

外壁の模様をそのままに…外壁のクリヤー塗装仕上げ

外壁のクリヤー塗装仕上げのご提案

窯業系のサイディングの塗り替えで、既存の模様を塗りつぶしてしまってはお住いのイメージが丸つぶれになってしまう恐れがあります。
現在の高意匠の模様を残したい。そんな方のために外壁のクリヤー塗装仕上げをご提案いたします。

外壁のクリヤー塗装仕上げの問題点

従来のクリヤー塗装の弱点は、透明ゆえに紫外線も透過し、その塗装素地を劣化させてしまうという点にあります。
家具類などのクリヤー仕上げのものを外に放置しますと、塗装がすぐ剥れてきます。
部屋の中に置いておくと何十年も平気なものが、風雨もさることながら紫外線によって塗装素地の劣化が起こるわけです。
そんな問題を解決したのが紫外線吸収剤配合のクリヤー塗料です。

目次に戻る

主な外壁保護用クリヤー塗料

ピュアライドUVプロテクトシリーズ

アクリルシリコン樹脂塗料の「ピュアライドUVプロテクトクリヤー」と
フッ素樹脂塗料の「ピュアライドUVプロテクト4Fクリヤー」の二種類がある。

メーカー
日本ペイント
塗料の分類
ピュアライドUVプロテクトクリヤー : 弱溶剤二液型セラミック系アクリルシリコン樹脂クリヤー塗料
ピュアライドUVプロテクト4Fクリヤー : 弱溶剤二液型セラミック系フッ素樹脂クリヤー塗料

クリーンSDトップ

  • メーカー : エスケー化研
  • 塗料の分類 : 弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂クリヤー塗料

パワーアシストクリヤー

メーカー
水谷ペイント
塗料の分類
弱溶剤二液型シリコン変性樹脂クリヤー塗料

シルビアUVカットクリヤー

メーカー
日本特殊塗料
塗料の分類
一液型水性アクリルシリコン樹脂クリヤー塗料

目次に戻る

塗料の特徴

ピュアライドUVプロテクトシリーズの特徴

外壁の新築時の美しさを長持ちさせる外壁保護用クリヤー塗料

紫外線吸収剤の配合で外壁の劣化を最小限におさえます。
従来のクリヤー塗装では、紫外線による既存塗膜の劣化を防ぐことはできませんでした。
ピュアライドUVプロテクトクリヤーは新築時のような外壁の美しさを長持ちさせることができます。

( Pure=新築の装い、Pride=自慢の外観)

主な特長(ピュアライドUVプロテクトクリヤー)

従来のクリヤー塗装の欠点
従来のクリヤー塗装の欠点
高耐候性
     
強固なシロキ酸結合の二液性アクリルシリコン樹脂の塗膜で高耐候性が期待できます。
紫外線の吸収
   
紫外線吸収材の働きでサイディングボードの既存塗膜の色あせや劣化を長期間保護します。
超低汚染性
    
特殊セラミック成分の配合でその塗膜は親水性を持ちセルフクリーニング機能で超低汚染性を持ちます。
その他の特徴
防藻・防カビ性で環境衛生に優れています。
優れた透湿性を備えています。
環境に優しい弱溶剤タイプの塗料です。
「艶有り」と「三分艶」があります。

クリーンSDトップの特長

  • 超耐久・超耐候性
     高耐候性を示すアクリルシリコン樹脂と、特殊な紫外線吸収剤と光安定剤〔HALS(ハルス)〕のトリプル効果により、サイディング基材の劣化を防ぎ、長期に渡って耐久・耐候性を発揮します。
  • 超低汚染性
      特殊セラミック成分を複合化することにより塗膜表面が親水性になるため、雨による洗浄作用が働き、長期に亘って優れた超低汚染性を示します。
  • 優れた密着性
      アクリルシリコン樹脂の強靭なシロキサン結合により、サイディング下地に対して優れた密着性を示します
  • 「艶有り」と「三分艶」があります。

パワーアシストクリヤーの特長

フッ素樹脂に匹敵する塗膜性能

  • シリコン樹脂開発技術(リアルシリコンテクノロジー)により、環境に優しい弱溶剤タイプのシリコン樹脂を使用したサイディングボード専用のクリヤー塗料。
  • シリコン樹脂のポテンシャルを最大限に引き出した高耐候性の塗膜。
  • 「艶有り」と「三分艶」があります。

シルビアUVカットクリヤー

シルビアUVカットクリヤーの特長など詳細は
「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のページを参照。

目次に戻る

シーリング材の色について

塗料による塗りつぶしの場合
シーリングの補修に使用するシーリング材はどんな色でもかまわない。
クリヤー塗装の場合
既存のシーリング材の色に合わせたシーリング材の選定、使用が必要です。

目次に戻る

塗り替え時期

  • 既存塗膜の色褪せや劣化が進まないうちうちに塗り替えるのがポイントです。築8~10年以内が一つの目安です。
    サイディングの種類によってはもっと早めに塗り替えないとクリヤー塗装が出来ない場合もあります。
  • 下地の傷み具合によってはクリヤー仕上げが無理な場合があります。ご相談下さい。

光触媒が施されたサイディングボードには適用できません。

目次に戻る

クリヤー仕上げの施工例

「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-11」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-15」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-16」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-19」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-28」のページ
「賃貸住宅の外壁塗装施工例・4」のページ

元のページへ トップに戻る