や・塗装用語集

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

検索見出し・や/塗装用語集

( 「や」で始まる塗装用語を紹介  )

索引見出し・や
「塗装用語集」のIndexページに戻る

焼付け乾燥

: やきつけかんそう

加熱乾燥のことをいう。

焼付け塗装

: やきつけとそう

塗装したものを80~300度未満の温度で加熱して塗膜を硬化させる方法。

役もの

: やくもの

塗装に手間のかかるもの。普通成形品でなく変形品のこと。

やけ

: やけ

白色、淡色が黄色っぽくなること。太陽光線の過不足、熱の作用などが原因。油性ペイントと合成樹脂塗料やラッカーとではその原因が異なる。

  • 油性ペイントのやけ
    戸外より室内のほうが「やけ」が起こる。桐油、亜麻仁油などを展色剤に用いたとき、室内で黄変しやすい。室内には大豆油などを併用し黄変を少なくする。
  • 合成樹脂塗料、ラッカーのやけ
    油性ペイントとは異なり、戸外のほうが「やけ」が起こりやすい。展色剤(油脂類)の一部が分解して黄変する。白色塗料、淡彩色塗料、透明塗料に多く見られ、濃色塗料においてはわかりにくいことが多い。

痩せ

: やせ

塗膜が乾燥するに従い、溶剤の蒸発などで肉痩せしていくこと。

元のページに戻る

やに止め材

: やにどめ

木材の松など樹液の多いものは部分的にヤニがにじみ出ていることがある。セラックニスなどを塗布して樹脂を押さえてから塗装に入る。
室内塗装で喫煙による壁や天井の汚れがある場合、やに止め材を下塗りしてから塗装しないとタバコのやにがにじみ出てくる。

屋根勾配

: やねこうばい

屋根面の傾斜が水平面に対してどの程度であるかをおらわす言葉。勾配の表し方には、寸法勾配、分数勾配、角度勾配の3つがある。一般に建築では寸法勾配が使用される。

詳細を見る

屋根勾配についての詳細は「屋根勾配と塗り面積」のページを参照。

「塗装用語集」のIndexページに戻る

元のページに戻る  このページのトップへ

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.