せ・塗装用語集

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

検索見出し・せ/塗装用語集

( 「せ」で始まる塗装用語を紹介  )

索引見出し・せ
「塗装用語集」のIndexページに戻る

脆弱部

: ぜいじゃくぶ

下地(素地)の劣化が進行して強度が低下した部分をさして言う。

制振防音塗布材

: せいしんぼうおんとふざい

騒音、雨音による空気振動を速やかに減少させ、防音効果を発揮。制振、防音、断熱の優れた性能を発揮する中塗り用塗材。遮熱塗料を上塗りすると、優れた遮熱効果を発揮します。

詳細を見る

制振防音塗布材についての詳細は「屋根塗装の価格・制振防音塗布材」の項を参照。

静電塗装

: せいでんとそう

微粒子化された塗料を、静電気による電界効果を利用して、被塗物の裏面まで塗料がまつわりつくようにして塗装される。塗料の損失も少なく、自動化もしやすいため環境衛生、省力化の面で利点が多い。

特徴

  • 静電気の電界効果によって、被塗物の裏側まで塗料が付着して、塗装工程の短縮ができる。
  • 塗料の付着効率が高いので、塗料損失が少ない。塗料の飛散が少ないので、環境衛生状もよい。
  • 自動化がしやすく、省力化を計りやすい。

石膏ボード

: せっこうぼーど

石膏(硫酸カルシウム)をボード用原紙でサンドイッチしたもの。内装材の下地として多く使用されている。

     

塗装下地としての特長は

  • 吸い込みが大きい。
  • 湿気や水野直接かかるところには不向き。主として内装用に使用される。

セットバック

: せっとばっく

建ペイ率や日照権などの問題で上階層を階段式に後退して建築すること。

ゼネコン

: ぜねこん

総合工事業者。

セメント

: せめんと

水で練ると固まる無機質の粉末の総称。一般的にはポルトランドセメントをさす。

「塗装用語集」のIndexページに戻る

セメントモルタル

: せめんともるたる

モルタルと同義語。

セメント瓦

: せめんとがわら

粘土の窯業で作られる瓦に対して、セメントの型取りで作られる瓦をいう。最近は、高圧によるプレス成型の製品が主流。和風、洋風の色々なデザインがあり、日本瓦は減少傾向にある。

詳細を見る

セメント瓦葺き屋根の塗り替え時期、塗装ポイント、適応塗料など詳しくは「屋根塗装・セメント瓦」のページを参照。

セメント系フィラー

: せめんとけいふぃらー

セメントと骨材を主成分とする粉末に、使用する直前に合成樹脂エマルジョンを混入して塗布する。下地の微調整に使用。

セラックニス

: せらっくにす

樹脂類のセラックを変性アルコールで溶解して作られたワニス(顔料を含まないもの)。乾燥が非常に速く(10〜30分)、光沢、硬度があり、難燃性塗膜を形成する。
溶剤に対する抵抗力があり、電気絶縁性もある。高湿度下での塗装は「かぶり」やすいので注意が必要。
用途としては、木材の目止め、節のやに止め、家具類、製本、楽器など木製品用塗料として主に使用される。耐水性は弱いので外部には適さない。

セルフクリーニング(機能)

せるふくりーにんぐ(きのう)

塗料でいうセルフクリーニングとは、その塗料が造る塗膜の表面が親水性を持つことを意味する。親水性を持つことで、雨水が埃や汚れなどを洗い流すことから、のような表現が使用されている。
外壁塗装では、建物の雨が当たらない部位で、その機能は十分には発揮されない。

詳細を見る

光触媒の親水性についての詳細は「光触媒と二酸化チタン・二酸化チタンの触媒能力」の項を参照。

船底塗料

: せんていとりょう

常時海中に浸水している船底を保護するための専用特殊塗料で、二種類に大別される。

  • 船底塗料1号 : 海水の侵食防止用。
    塗料の性質として、塗膜厚が大きいこと。ピンホールが無いこと。耐水性があることなどが求められる。
  • 船底塗料2号 : 貝など海中生物の付着防止用。
    船底に付着した生物によって、海水の摩擦抵抗が大きくなり、スピードが低下する。日本近海に生息するフジツボは、死滅してもその残骸が石灰質のため、 塗膜が破壊される被害が出る。
「塗装用語集」のIndexページに戻る

元のページに戻る  このページのトップへ

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.