ぬ・塗装用語集

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

検索見出し・ぬ/塗装用語集

( 「ぬ」で始まる塗装用語を紹介  )

索引見出し・ぬ
「塗装用語集」のIndexページに戻る

塗り替え

: ぬりかえ

一度塗装したものに再度、塗装を行うこと。塗膜の劣化状況などを見て塗膜の清掃を行い、一部剥離、全体剥離を行い、塗り替える。

詳細を見る

既存塗膜の種類別の塗り替えポイントについての詳細は
「塗り替えのポイント」のページを参照。

塗り重ね

: ぬりかさね

塗装仕上げの過程で、下塗、中塗り、上塗りなどと回数を塗り上げていくこと。補修塗り、塗り替えを含む。
塗装作業では通常、数回塗り重ねて仕上げるが、1回塗りで仕上げる塗材をワンコートタイプの塗材という。

塗代

: ぬりしろ

しっくい、モルタル、塗料などの塗り膜厚をいう。

  

塗り付け

      

: ぬりつけ

仕上げ塗材を刷毛、ローラーブラシ、こて、吹き付け機などを用いて仕上げ施工すること。「塗装」と同じ意味合いで使用される。

塗り斑(むら)

      

: ぬりむら

     

均一な塗膜を形成せずむらのあること。塗装作業中に関する欠陥。

濡れ色

: ぬれいろ

コンクリートが水に濡れると、乾燥時と色が違って見えます。やや濃い目の色になります。色あせた塗膜面も同様です。
色あせた外壁の元の色を確かめる時、部分的に濡らしてみると、それに近い色になります。
木部のクリヤー仕上げの場合は、濡れ色に仕上がります。塗装前とは少し違った趣になりますので、試し塗りをして仕上がり具合を確認した方が良い。

「塗装用語集」のIndexページに戻る

元のページに戻る  このページのトップへ

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.