も・塗装用語集

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

検索見出し・も/塗装用語集

( 「も」で始まる塗装用語を紹介 )

索引見出し・も
「塗装用語集」のIndexページに戻る

藻、藻類

: も、もるい

屋根や壁などの、特に北側の湿気の多いところに発生しやすい。苔との区別は厳密には区別されていない。餌となる有機物がなければ増殖しない。

藻・カビの発生

: も・かびのはっせい

塗膜の劣化現象の一つ。塗膜表面に緑色、黒色の発生した藻、苔、カビ類による塗膜汚染。

  • 診断方法 : 目視による診断。
  • 処理方法 : ブラシによる水洗いや高圧洗浄で洗い落とした後、アルコールや次亜塩素酸ソーダーによる殺菌処理。

目視

: もくし

色、艶、パターンなどを実際に目で見て確認すること。

木質系サイディング

: もくしつけいさいでぃんぐ

天然木に塗装を施したもの、木材の小片を接着剤と混合し板状に熱圧成形したパーチクルボードや木質繊維を原料とする成型板のMDF製のものなどがある。

詳細を見る

木質系サイディング・板貼り壁の外壁塗装の詳細は「木質系サイディング・板貼り壁の外壁塗装」のページを参照。

モザイクタイル

: もざいくたいる

装飾仕上用にの比較的小型のタイル。模様をデザインしやすく小型にしている。

モジュラス

: もじゅらす

ゴムなど弾性体に、一定のひずみを与えたときの応力(元の形に戻ろうとする力)のことをいいます。
そして、50%のひずみを与えたときの応力を50%モジュラスと呼び、単位は一般にkgf/cuで表します。

詳細を見る

シーリング材のモジュラスに付いての詳細は「外壁の目地設計とシーリング材の種類・シーリング材のモジュラス」の項を参照。

戻り

: もどり

いったん乾燥した塗膜がべとつくこと。

詳細を見る

戻りについての詳細は「塗膜欠陥の原因と対策・戻り」の項を参照。

モニエル瓦

: もにえるがわら

ヨーロッパで生まれたコンクリート瓦で、半乾式押し出し成型とい方法で製造された瓦。
ヨーロッパやアメリカ、アジアでも使われているところから乾式洋瓦とも言われる。

詳細を見る

乾式洋瓦の塗り替え塗装については「屋根塗装・乾式洋瓦」のページを参照。

模様塗り

: もようぬり

基層塗りの上に模様付けを目的として塗りつけることをいう。

モルタル

: もるたる

セメントモルタルともいう。セメントと砂を混ぜて練ったもの。配合比率は1:3が標準。砂は「ふるい」にかけて目揃いにして使用したほうがきれいに仕上がる。
モルタルを塗りこんで仕上げた壁をモルタル壁という。

塗装下地としての特長は

  • コンクリートに比べ、表面乾燥は速い。
  • アルカリ性はコンクリートより強く、塗装には養生期間が必要。(アルカリ止めシーラーを下塗りすることで工期短縮が図れる)
  • 塗装仕上げにはひび割れ、吸い込み対策が必要。
詳細を見る

モルタル壁の塗り替えのポイント、適応塗料など詳細は「モルタル壁の外壁塗装」のページを参照。
モルタル壁の塗装施工例については外壁塗装施工例の「モルタル壁の外壁塗装施工例」の項を参照。

モルタル塗り

: もるたるぬり

コンクリートの打ち放し面をモルタルでよりきれいに塗り仕上げること。

「塗装用語集」のIndexページに戻る

元のページに戻る  このページのトップへ

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.