金属系サイディング壁の外壁塗装施工例-2

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

金属系サイディング壁の外壁塗装施工例-2

( 築30年の金属系サイディング壁、塗り替えの外壁塗装施工例の紹介 )

金属系サイディング壁の外壁塗装施工例・その2

金属系サイディング壁外壁塗装施工例-2

金属系サイディングの外壁塗装施工例の紹介です。今回は築30年にして、初めての塗り替えのケースです。ベランダ、一階の掃き出し窓、門扉はアルミ製に改修。樋は銅板製をプラスチック製に架け替え。
破風板は傷みが進んで塗装では耐久性に問題ありと判断、軒トイの架け替えついでに、お客様のご要望もありカラー鋼板で覆いました。(カバー工法)

外壁塗装前後の状態

埼玉県蕨市  K氏邸

築30年  外壁 金属系サイディング  屋根 釉薬瓦(陶器瓦)

外壁塗装前 外壁塗装後
施工前 施工後 ( 拡大画像を見る )
「金属系サイディング壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は一度も行っていないとのこと。築年数の割には白錆等腐食は少ない。

工事計画と施工

外壁の錆

下処理として布ペーパーをなるべく丁寧にかけることが必要。仕様は発錆箇所のみエポキシの錆止め1回、弱溶剤タイプのアクリルシリコン樹脂塗料2回塗り仕上げとする。

上塗り1回目塗装作業中 上塗り1回目作業完了 上塗り2回目作業中
セラミック配合弱溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料上塗り1回目、作業中 上塗り一回目 終了 上塗り2回目作業中

使用塗料の特徴 : セラミック配合弱溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料

1. 低汚染性

セラミック+シリコンで究極の低汚染性!
アクリルシリコンはフッ素と並んで最も汚れにくい性質を持っていますがそれにセラミック成分を融合することでさらに汚れにくくした低汚染性の塗料です。

2. 防カビ・防藻性

今や防カビ、防藻性は塗料の常識です。貴方の大切なお住いを衛生的にガードします。

3. 超耐候性、耐久性

艶引け、色あせのしにくいのがこのタイプの塗料の特徴です。塗料の耐久性は10年以上は大丈夫。

4. 高性能の割には安価

優れた耐候性などは塗料の最高峰のフッ素樹脂塗料に限りなく近く、価格は安価なのがこの塗料のおすすめどころ。

「金属系サイディング壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

屋根

調査・診断

釉薬瓦なので苔等も無く瓦のずれも築年数の割には少ない。瓦が一枚割れていた。鬼瓦に少し傾きが見られる。棟瓦の漆喰が剥れてしまっているので漆喰の補修が必要。

工事計画と施工

  • 割れている瓦は差し替え交換する。
    棟瓦は漆喰の補修を行う。
[漆喰の補修工事]
漆喰補修工事前 漆喰補修工事後
既存状態
棟瓦の漆喰が完全に剥れ落ちている
漆喰の補修完了。

元のページに戻る

「金属系サイディング壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

破風板

板張りなので特に妻側の傷みが激しい。お客様のご希望もあり破風板全体をカラー鋼板でカバーする。

[カラー鋼板によるカバー]
破風板既存状態 破風板カラー鋼板でカバー後
既存状態(妻側部) カラー鋼板カバー終了後
「金属系サイディング壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

軒天、白壁(部材=モルタル壁漆喰仕上げ)

下処理

構造クラックが2ヶ所あり。Uカット処理後、ノンブリードウレタンコークを充填。

既存状態 サンダーによるUカット プライマー2回塗 ウレタンコーク充填
既存状態 サンダーによるUカット処理はラス網をカットしないよう注意が必要 プライマーは縁切れ予防のため2回塗り ノンブリードウレタンコークを充填

塗装

アクリル樹脂エマルジョンペイントつや消し塗料 2回塗仕上げ

「金属系サイディング壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

戸袋等木部の塗装

「戸走り」の改修

雨戸用戸走りが一ヶ所腐朽していたので交換。
戸袋等はそのままで「戸走り」のみ簡単に部分交換できますのでご相談下さい。

一本引き(戸走り)が腐朽 戸走りを交換後の状態
既存状態 改修後

木部塗装

傷みが激しいので塗り方に一工夫必要。下塗りで徹底的に塗料を吸い込ませ下地を作ってから上塗りを実施すること。
塗装仕様 : 下塗り 2回、上塗り 2回、セラミック配合弱溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料仕上げ

高圧洗浄でケレン作業中 高圧洗浄済 サンドペーパーによる下地調整
高圧洗浄でケレン 高圧洗浄後 サンドペーパーによる下地調整
下塗り1回目作業中 下塗り2回目終了 上塗り1回目作業中
下塗り 1回目塗装中 下塗り  2 回目終了 上塗り  1 回目 作業中
戸袋鏡板仕上げ完了
下塗り2回、上塗り2回、計4回塗り仕上げ
下地の損傷程度と一日中陽の当たる場所なので他より痛みやすいので塗り込みを多くしました。
仕上げ塗り完了後
「金属系サイディング壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

リフォーム工事

軒トイの架け替え

銅製のトイに穴が開いている。(酸性雨の影響と見られる。最近トイや屋根の谷の銅板にこのような腐食による穴のケースが多く見られるようになった)
軒トイの傷みが烈しいので架け替えることにしました。

改修前 軒トイの架け替え後
既存状態 架け替え後、破風板はカラー鋼板にてカバー。

戸袋、雨戸、枠をアルミに改修

全体的に磨耗して雨戸の開け閉めがやりにくい。特に一階の掃き出し窓は間口1.5間の3枚雨戸なので開け閉めが大変なためアルミに改修することに決定。(リフォーム用)
製品名:トステム製、雨戸一筋内付け型

既存状態 戸袋、一本引きアルミ製に交換
既存状態 戸袋、雨戸、戸走りをアルミ製に改修

ベランダの改修工事

屋根のない鉄製ベランダで30年使用したのには感心させられます。全体的に錆による腐食が進み、寿命と考えてアルミ製ベランダに改修。
製品名:トステム製、スタンダードデッキストレート40格子柱建てタイプ

既存状態 撤去作業中 アルミ製に改修後
既存状態 撤去作業中 改修後

門扉の改修工事

既存状態 改修後
既存状態 改修後
「金属系サイディング壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.