埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

窯業系サイディングの外壁塗装施工例

窯業系サイディング壁の外壁塗装工事例・27

築20年、新座市、H氏邸。
窯業系サイディング、初めての外壁塗装。屋根はカラーベスト葺きで二回目の塗装。
1階部はサイディング外壁の凹凸を利用したタイル調二色仕上の外壁塗装施工例のご紹介です。

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は築20年目で初めての塗り替え。
二階部分は塗りつぶし、一階部分は既存意匠の凹凸を利用したタイル調二色仕上での塗装を予定。

目地部のシーリングは打ち替え、サッシ回りなどは追い打ちで対応としました。

屋根はカラーベスト(コロニアル)葺きで二回目の塗り替え。遮熱塗料での屋根塗装。

水洗い

高圧洗浄機を使用し、汚れや北面の苔、チョーキングの粉を洗い落します。ついでに網戸、サッシの戸走り、面格子なども洗います。

通常150Kgf/㎡の吐出圧で行います。
特にチョーキングの粉は取り除くよう、丁寧な水洗いを心がけています。
網戸などはその都度、手元の圧力調整器で圧力を下げ、傷めないよう注意して行います。

シーリング工事

既存のシーリングは劣化が進み、断裂、剥がれなどが多く、シールの機能をはたしていません。今回は低モジュラスタイプの変性シリコンのシーリング材を使用してシーリング工事を行いました。

シーリング工事の仕様

  • 仕上げ材 : シャープ化学工業 : シャーピーヘンセイシリコーンNB-LM
  • サイディング目地 : 既存撤去後、二面接着による打ち替え
  • その他サッシ周り等 : 打ち増し(追い討ち)

既存目地の様子

目地シーリング既存の様子 既存目地シーリング撤去後の様子
既存の目地シーリングの様子(二階部分) 既存の目地シーリングの様子(一階部分)

既存目地シーリングの撤去作業

目地シーリング撤去作業の様子 雨樋でんでん金具撤去後の様子
二面接着の場合スピンドルカッターで簡単に剥がせますが今回の現場では変則目地のためカッターナイフを併用しての撤去作業となりました コーナー部の目地は竪樋と重なる位置にあることが多い
でんでん金具を外してシーリング工事を行います
二面接着の目地の様子
二面接着の目地の様子

一部に三面接着されている箇所がありました。
ノミを使用して目地の底面から切り外して撤去するため、二面接着に比べてシーリングの撤去には数倍の労力と時間を要します。

目地シーリング撤去後の様子(二階部分) 目地シーリング撤去後の様子(一階部分)
シーリング(二階部)の目地の撤去後の様子・左側にハットジョイナーと同程度の幅の大きな隙間があります シーリング(一階部)の目地の撤去後の様子・ハットジョイナーの両側に3mmほどの隙間があります

今回の現場ではハットジョイナーを使用しているにも関わらず、サイディングとの隙間が空き過ぎているケースが多く見られました。
この隙間が問題です。(大手ハウスメーカーの施工の建物とのことですが、築20年ということですので当時の目地設計、施工管理ではやむをえないのかもしれません。現在ではこのようなケースは少なくなりました。)

右の図で赤い線で表示されている部分が三面接着になり、シーリングの自由な動きを妨げます。
このままシーリングを打ち換えても以前と同様に剥がれが生じてしまいます。

二面接着への対策

目地の隙間にシーリング材を捨て打ちして底面がフラットになるよう均します 目地底面をフラットに補修後の様子
隙間にシーリング材を捨て打ちして目地の底面がフラットになるよう均します バックアップ材代わりにシーリング材でフラットな目地底面にします
目地幅に合ったボンドブレーカーを貼っている様子 目地幅に合ったボンドブレーカーを貼っている様子
それぞれの目地幅に合ったボンドブレーカーを貼り直し二面接着を確保します
シーリング材の充填作業の様子 ヘラによるシーリング材の均し作業の様子
シーリングの充填作業中の様子 仕上バッカーで均一に均し仕上げます
参照

二面接着と三面接着については、「外壁塗装におけるシーリング工事」のページで詳しく紹介しています。

外壁塗装使用塗料と仕様

使用塗料

プレミアムシリコン荷姿
プレミアムシリコン荷姿
  • 塗料の種類 : 一液水性ハイブリットシリコン樹脂塗料
  • 製品名 : エスケープレミアムシリコン
  • メーカー : エスケー化研
  • 特徴 : 水性でありながらニ液型溶剤タイプに匹敵する長期耐候性塗料

塗装仕様

  • 下塗り : 水性SDサーフエポプレミアム 1回塗り
  • 上塗り : エスケープレミアムシリコン 2回塗り仕上げ

サイディングの塗装

二階塗りつぶし部分

シーラー塗装作業中の様子 上塗り1回目塗装作業中の様子
シーラー塗装作業中の様子 上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装後の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装後の様子

一階タイル調二色仕上部分

シーラー塗装作業中の様子 目地上塗り1回目塗装作業中の様子
シーラー塗装作業中の様子 目地部上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 目地上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 目地上塗り2回目塗装作業中の様子
目地2回目塗装後の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
目地上塗り2回目塗装後の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り塗装(二色仕上げ)後の様子
凹凸を利用したタイル調二色仕上げ塗装後の様子

目次に戻る

屋根塗装

遮熱塗料(高日射反射率塗料)による屋根塗装

遮熱塗料はその色の日射反射率で遮熱効果が決まります。
住宅塗装では、外壁との色のバランスの関係で、どうしても濃色になりがちですが、弊店ではサーモパールグレー(水谷ペイント)を推奨しています。

今回の現場では、「サーモパールグレーでは薄すぎるのでN6グレーで」との施主様のご意向でサーモN6グレーを使用して塗装を行いました。

塗装仕様

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー 03型によるW工法
  • 上塗り : 快適サーモSi(弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料) color : サーモN6グレー 2回塗り
塗装後の様子
サーモN6グレー(日射反射率 : 72.7)による屋根塗装後の様子
詳細

この屋根塗装の詳細は、「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-10」のページで紹介しています。

目次に戻る

その他の塗装

 

軒天

  • 使用塗料 : 水性ケンエース(日本ペイント)
  • 使用 : 2回塗り仕上げ
上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 上塗り2回目塗装作業中の様子
 

破風・鼻隠し

  • 使用塗料 : 弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料 クリーンマイルドシリコン(エスケー化研)
  • 仕様
     下塗り : エスケーハイブリッドシーラーEPO 1回塗り
     上塗り : クリーンマイルドシリコン 2回塗り
 
破風板シーラー塗装作業中の様子 鼻隠しシーラー塗装作業中の様子
破風板シーラー塗装作業中の様子 鼻隠しシーラー塗装作業中の様子
破風板上塗り1回目塗装作業中の様子 破風板2回目塗装後の様子
破風板上塗り1回目塗装作業中の様子(左側上塗り1回目塗装済) 破風板2回目塗装後の様子

雨樋

  • 使用塗料 : 弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料 弾性クリーンマイルドシリコン(エスケー化研)
  • 仕様 : クリーンマイルドシリコン 2回塗り
 
雨樋目粗し作業中の様子 鼻隠しシーラー塗装作業中の様子
軒樋目粗し作業中の様子 上塗り2回目塗装後の様子

元のページへ トップに戻る