窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-13

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

サイディング壁の外壁塗装施工例-13

( 築14年、窯業系サイディングの凹凸を生かした二色仕上げによる外壁塗装施工例の紹介 )

サイディングの二色仕上げによる外壁塗装施工例

窯業系サイディング壁の外壁塗装工事例・13

築14年・埼玉県草加市・O氏邸。
窯業系サイディングの初めての塗り変え。
サイディングの意匠の凹凸を生かした二色仕上げによる外壁塗装施工例のご紹介です。

外壁塗装後

埼玉県草加市 O氏邸

築14年
外壁 窯業系サイディング)

外壁塗装後の様子 二色仕上げ後の様子
塗装後の様子・拡大画像
「窯業系サイディング壁塗装施工例-13」のトップへ戻る

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は築14年目で初めての塗り替え。サイディングの一部に浮いている箇所があり、押さえ釘の補強が必要。
目地のシーリング部のひび割れが多く発生している。既存のシーリング材はウレタンを使用しているため、すでに弾力性も少なくなり、紫外線による劣化でシーリング材の表面がチョーキングしている。
シーリングの打ち替え後、サイディングの凹凸模様を生かした二色仕上げでの塗り替え塗装で行いました。

シーリング工事

使用シーリング材
  • シーリング材の種類 : 1液変性シリコン系シーリング材・低モジュラスノンブリード型
  • 製品名 : シャーピー ペイントセラNB-LM
  • メーカー : シャープ化学工業
仕様
  • 目地部は既存のシール材を撤去後、打ち替え(再充填)。
  • サッシ等付帯物周りは三角追い打ち(増し打ち)。
  • ボンドブレーカーによる二面接着
広すぎる目地幅への対応

既存の目地シーリングは一部が三面接着になっておりました。また目地幅もハットジョイナーの二倍位のところもありました。そのような場合は、ハットジョイナーに
沿ってシーリングを切り取り、目地の底面を平らに造ります。次に目地幅に応じたボンドブレーカーを貼り、二面接着を確保します。

目地シーリング撤去後の様子 ボンドブレーカー貼り作業の様子
既存の目地シーリング撤去後の様子 目地幅に応じたボンドブレーカーを貼ります
シーリング材を充填しへら均し後の様子 塗装仕上げ後の目地シーリングの様子
ボンドブレーカーを貼り二面接着を確保してからシーリング材を充填します・へら均し後 塗装仕上げ後の目地の様子

目地の底面を平滑に作り、目地幅に合ったボンドブレーカーを貼り、しっかりした二面接着を確保することで、数年後にはその効果がはっきりと出てきます。

外壁塗装・使用塗料

  • 塗料の種類 : 一液水性セラミックシリコン樹脂塗料
  • 製品名 : 水性セラミシリコン
  • メーカー : エスケー化研

塗装仕様

  • 下塗り : 水性ミラクシーラーエコ 1回塗り
  • 上塗り
      地色 : 水性セラミシリコン 2回塗り
      凸部 : 水性セラミシリコン 2回塗り

手作り色見本

色見本試作見本の様子
タイル調サイディングの切れ端を利用して作った色見本

全く同じものではありませんが、似たようなタイル調柄のサイディングの切れ端を利用して色見本を造り、施主様に色決めのご参考にしていただきました。
左半分が同系色を使用したもので、右側が目地色をモルタル色であるグレーにこだわった場合の見本です。
今回は左側の同系色を使用してコントラストを生かした仕上げ方法で施工することになりました。

塗装作業

シーラーは乳白色ですが、乾燥すると透明になり、すこしテカリが出ます。

シーラー塗装作業中の様子 目地色塗装中の様子
シーラー塗装作業中の様子 目地色(2回目)塗装作業中の様子

外壁塗装後の様子

同系色を利用した方がやや洋風に仕上がります。

上塗り塗装後の様子
上塗り(二色仕上げ)後の様子
もっと見る

窯業系サイディングの二色仕上げ施工例

「窯業系サイディング壁塗装施工例-13」のトップへ戻る

屋根塗装(コロニアル葺き)

使用塗料とメーカー

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : マイルド浸透シーラー 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー03型 W工法
  • 上塗り : ルーフマイルドSi ( 弱溶剤二液型シリコン変性樹脂屋根用塗料) 2回塗り

割れているコロニアルの差し替え

大屋根に1枚、下屋に2枚の割れがありました。「割れているものは新しいものに交換をしてから塗り替える」弊店の方針に沿って差し替え交換をしました。

割れているコロニアルの様子 壁際水切りとコロニアルの様子
割れているコロニアルの様子 壁際水切りとコロニアルの様子
割れているコロニアルの割れ口の様子 割れていたコロニアルを差し替え交換後の様子
割れ口の汚れ具合から見てかなり以前から割れていたものと推察できる 割れていたコロニアルを差し替え後の様子

壁際のコロニアルは水切りの上に乗っていますので5mm前後は浮いた状態になっています。この付近は絶対乗ってはいけない個所なのですが、そうした配慮のない職人も多く、割った後の応急処置もされていないことも多いのが現状です。
割れている原因として二番目に多いのがこのタイプです。

塗装作業

水洗い作業中の様子 シーラー塗装後の様子
左側が水洗い後の様子 シーラー塗装後の様子
役物の防錆塗装後の様子 タスペーサーによる縁切り作業の様子
包み板など役物の錆止め塗装後の様子 タスペーサーによる縁切り作業の様子
屋根塗装後の様子 屋根塗装後の様子
屋根塗装後の様子
縁切りスペースの様子
縁切り後の様子(塗料で接着されておらず、排水スペースがしっかり確保されています)
「窯業系サイディング壁塗装施工例-13」のトップへ戻る

他の部位の塗装

他の部位の塗装

破風板と軒天塗装後の様子 戸袋塗装後の様子
破風板、軒天、雨樋塗装後の様子 戸袋鏡板塗装後・雨戸に合わせて調色
「窯業系サイディング壁塗装施工例-13」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.