埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は築11年目で初めての塗り替え。
南面を中心にチョーキング、色あせが始まっている。

目地のシーリング部のひび割れが多く発生している。
既存のシーリング材はウレタンを使用しているため、すでに弾力性も少なくなり、紫外線による劣化でシーリング材の表面がチョーキングしている。

シーリングの打ち替え後、サイディングの凹凸模様を生かした二色仕上げでの塗り替え塗装で行いました。

シーリング工事

使用シーリング材

  • シーリング材の種類 : 1液変性シリコン系シーリング材・低モジュラスノンブリード型
  • 製品名 : シャーピー ペイントセラNB-LM
  • メーカー : シャープ化学工業

仕様

  • 目地部は既存のシール材を撤去後、打ち替え(再充填)。
  • サッシ等付帯物周りは三角追い打ち(増し打ち)。
  • ボンドブレーカーによる二面接着

広すぎる目地幅への対応

既存のシーリング材はウレタン系を使用していたため、劣化が早く、すでに弾力性がありません。

また、シーリングの断裂のもうひとつの原因である目地幅の問題です。
ハットジョイナーを使用しているにもかかわらず、右側に隙間が出来、三面接着に近い形でのシーリング処理になり、シーリング材の追従能力が制約され、断裂しやすくなります。

既存の目地シーリングの様子
既存の目地シーリングの様子
弾力性が失われムーブメントに追従出来ない
カッターナイフで切り込み作業の様子
既存のシーリング材を撤去後の様子

シーリングの捨て打ちで目地の底面を作る

シーリング材を捨て打ちし、ハットジョイナーと同一の高さになるようにします。
シーリング材が硬化してからボンドブレーカーを貼り、二面接着になるよう下処理を行ってから通常の打ち替えを行います。
弊店のシーリング工事では2mm以上の隙間がある場合、この工程を採用しています。

シーリング材を捨て打ちして平滑な底面を作ります
シーリング材を捨て打ちし、平滑な目地の
底面を作ります
小口部にシーリングが残らないよう剥がします
目地幅に応じた幅のボンドブレーカーを貼り、
二面接着を確保します
ハットジョイナーが抜けている様子
ハットジョイナーが30cmほど抜けているところが
ありました
バックアップ材を挿入後の様子
バックアップ材で底面の高さが同一になるようにし、二面接着を確保します(重要)
ーリング工事後の様子
シーリング打ち変え後の様子

目地の底面を平滑に作り、目地幅に合ったボンドブレーカーを貼り、しっかりした二面接着を確保することで、数年後にはその効果がはっきりと出てきます。

外壁塗装・使用塗料の特徴

  • 塗料の種類 : 一液水性セラミックシリコン樹脂塗料
  • 製品名 : 水性セラミシリコン
  • メーカー : エスケー化研

塗装仕様

  • 下塗り : 水性ミラクシーラーエコ 1回塗り
  • 上塗り
    地色 : 水性セラミシリコン 2回塗り color SR-132
    凸部 : 水性セラミシリコン 1回塗り color SR-109

水洗い作業

北側既存の様子
北側外壁既存の様子
水洗い作業中の様子
水洗い作業中の様子
水洗い後の様子
水洗い後のサイディングの様子

下塗り作業

シーラーは乳白色ですが、乾燥すると透明になり、すこしテカリが出ます。

シーラー塗装作業中の様子
シーラー塗装作業中の様子
シーラー塗装後の様子
シーラー塗装後の様子

上塗り作業

地色を全体に2回塗りします。その後色を変え、短毛のローラーを使用して凸部のみを塗って仕上げます。

上塗り塗装作業中の様子
地色を2回塗りします
上塗り塗装後の様子
地色塗装後の様子
上塗り塗装後の様子
上塗り(二色仕上げ)後の様子
上塗り塗装後の様子
幕板(帯)の塗装後の様子
もっと見る

窯業系サイディングの二色仕上げ施工例

「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-4」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-7」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-10」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-13」のページ
「窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-20」のページ

目次に戻る

ベランダ防水

ベランダ床防水はFRP防水。防水層の磨耗予防のためトップコートのみの塗装。

塗装仕様

  • 水洗い
  • 素地調整 : アセトン拭き
  • 下塗り : FRP用プライマー 1回塗り
  • 上塗り : 弾性トップ#14 2回塗り
プライマーの塗装後の様子
水洗い作業の様子
トップコートの塗装後の様子
トップコートの塗装後の様子

目次に戻る