埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は築15年目で初めての塗り替え。
窯業系サイディングとしては初期の施工なので目地設計への配慮がなく、ハットジョイナーを使用しているにもかかわらず、目地幅が広すぎたり不揃いである。

シーリング部の破断、ひび割れが多く発生している。

目地部のサイディングの押さえ釘が浮いているところがあるので、ビス止めで対処し、シーリングの打ち替えを行うこととする。

シーリング工事

使用シーリング材

1液変性シリコン系ノンブリードシーリング材(グレー) : シャープ化学工業

仕様

  • 目地部は既存のシール材を撤去後、打ち替え(再充填)。
  • サッシ等付帯物周りは三角追い打ち(打ち増し)。
  • ボンドブレーカーによる二面接着。

二面接着については二面接着を参照。

既存のシーリング材を撤去後の様子
既存のシーリング材を撤去後の様子
撤去後のサイディングの小口の様子
サイディングの小口部にシール材の取り残しのないようにすることが大切です
マスキングテープによる養生の様子
マスキングテープによる養生
プライマー塗りの様子
小口部へのプライマーの塗布
プライマーの塗布作業様子
塗り残しの無いよう丁寧に塗布
既存のシール材撤去後の様子
目地巾の広い所はハットジョイナーと同一面になるよう既存のシール材は残すことでバックアップ材の役割を与えます
ボンドブレーカーの貼り付け作業の様子
目地巾に合わせたボンドブレーカーを貼り付け、二面接着を確保します(重要)
シール材の充填作業の様子
シール材の充填作業の様子
ヘラによる押さえ、均し作業後の様子
ヘラによる押さえ、均し作業後の様子
シーリング打ち替え後の様子
シーリング打ち替え後の様子
いろいろな幅のボンドブレーカーの様子
ボンドブレーカーは数種類の幅のものを取り揃えて対処しています
目地幅が広すぎる場合の施工例

築10年以上のサイディング壁では、目地設計がなされておらず、目地部の施工の悪いものがあります。
目地の巾、深さが10X10(mm)が理想ですが、狭すぎたり広すぎたりしていることが多く見受けられます。
サイディングの厚みとハットジョイナーの凸の寸法が不適切で、目地が浅かったりする例もあります。

補足

目地幅が広すぎる場合、三面接着に近いムーブメントが働き、シーリング材の破断やひび割れに結びつきやすい。
ハットジョイナーと同一面になるよう既存のシール材を残すことで、均一な底面を形成し、バックアップ材の働きをします。
その上で、目地巾にあわせた幅のボンドブレーカーを貼り付けることで二面接着を構築することができます。

外壁塗装・使用塗料の特徴

外壁塗装使用材料の画像

セラミック複合二液型特殊アクリルシリコン樹脂塗料
クリーンマイルドシリコン(エスケー化研)

超低汚染性
セラミック+シリコンで究極の低汚染性!アクリルシリコンはフッ素と並んで最も汚れにくい性質を持っています。
それに特殊セラミック成分を複合化することで塗膜表面は低帯電性で汚れ難くなります。
親水性
親水性もありますので降雨によるセルフクリーニング機能を持っています。
長期に渡って超低汚染能力のある塗料です。
防カビ・防藻性
今や防カビ、防藻性は塗料の常識です。貴方の大切なお住いを衛生的にガードします。
超耐候性、耐久性
艶引け、色あせのしにくいのがこのタイプの塗料の特徴です。耐薬品性があり酸性雨から住いを守ります。
高性能の割には安価
優れた耐候性などはフッ素樹脂塗料に限りなく近いが、価格は安価なのがこの塗料のおすすめどころ。

元のページに戻る

塗装仕様

  • 下塗り : 浸透性カチオン系シーラー 1回塗り
  • マイルドシリコン : 2回塗り
水洗い後のサイディング既存の様子
水洗い後のサイディングの様子
水洗い後のサイディング既存の様子
現在使用されているサイディングに比較して、当時のサイディングは硬度が低く、塗膜のみならずサイディングの素地そのものの劣化進んでいる
水洗い後既存の様子
水洗い後既存の様子
シーラー塗装後の様子
シーラー塗装後の様子

浸透性カチオンにより「素地の強化」と「上塗りの吸い込み止め」の向上が図られます。
シーラー塗装後は素地表面に光沢ができ、つやがあるのが確認できると思います。

上塗り作業

上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り1回目の塗装作業中
上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り2回目の塗装作業中
上塗り1回目と2回目の比較の様子
左側2回目塗装、右側1回目

2回目(左側半分)は塗装直後で塗膜が未乾燥のため、色がやや薄めに見えます。
これは塗料に含まれる顔料の比重差によって起こる現象です。
乾燥するにつれて、塗膜内での顔料の沈降によって濃色になり、右側の乾燥塗膜と同一色になります。

塗装後の様子

塗装仕上げ後の様子
ツートンカラーによる塗装仕上げ後の様子
色見本No. 2F:SR-406/1F:SR-422

目次に戻る

屋根塗装(コロニアル葺き)

調査・診断

  • 周囲は田園地帯なので大気の湿度は高く夜露が多く、苔の発生は多くなる。高圧洗浄をなるべく時間をかけて丁寧に行う。
  • 一箇所コロニアルが割れているので交換してから塗り替える。

使用塗料と塗装仕様

使用塗料の荷姿

遮熱効果は、塗料の色相により異なります。
白色系のほうが塗装時の表面温度は低くなりますが、色合いのバランス上、住宅の場合はどうしても濃色を選ぶことが多くなります。
今回の塗り替えでは、施主様のご意向もあり、「見た目よりも実を」ということで「パールグレー」での塗装になりました。

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : マイルド浸透シーラー : 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー03型W工法
  • 上塗り : 快適サーモシリコンETV(実証番号 : 051-0843 ) : 2回塗り仕上げ

塗装前処理作業

水洗い前後の様子

屋根既存の様子
コロニアル既存の様子
水洗い後の様子
水洗い後の様子

割れているコロニアルの補修

コロニアルの割れている様子
コロニアルが割れて少しずれている様子
包み板をはがした様子
包み板をはがし、長押しの釘の位置を確認
撤去したコロニアルの様子
撤去した既存のコロニアルの釘穴の位置とひび割れの様子
差し替え補修後の様子
割れたコロニアルを差し替え補修後の様子

包み板の押さえ釘の補修

棟包みの押さえ釘が浮いている様子
建物の揺れや風による振動で押さえ釘が浮いて
いることが多い
ステンビスで止めなおし作業の様子
そのまま打ち込んでも効きが悪いのでステンビスを使用して止め直す
ビス止め後の様子
補修後の様子

塗装作業の様子

役ものの錆止め塗装

棟包みの錆止め塗装後の様子
棟包みの錆止め塗装後の様子
軒先水切り錆止め塗装後の様子
軒先水切り錆止め塗装後の様子

下塗りと縁切り

シーラー塗装作業中の様子
シーラー塗装作業中の様子
「塗る」というより「浸み込ませる」ようにして
塗るのがポイント
タスペーサーによる縁切り作業の様子
タスペーサー03型を使用した縁切り作業の様子(使用タスペーサーの数 : 851個)

上塗り塗装

上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子
タスペーサーによる縁切り効果の様子
タスペーサーによる縁切りの様子

塗装仕上げ後のタスペーサーによる縁切り効果
横の合わせ目付近の縁切りスペースがしっかり確保されているのが確認できます。

塗装後の屋根の様子
塗装仕上げ後の様子

弱溶剤二液型変性シリコン樹脂遮熱塗料(color : サーモパールグレー)

目次に戻る