埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

PCパネル壁の外壁塗装施工例・その1

PCパネル壁外壁塗装施工例

築25年、埼玉県さいたま市
アクリルシリコン樹脂単層型弾性塗材を使用した軽量PCパネル壁の外壁塗装施工例のご紹介です。
塗料の特徴や陸屋根、外壁、ベランダ床への撥水材塗装など、部位ごとに現場写真を交えながら施工状況を詳しく紹介しています。

外壁塗装

調査・診断

PC特有のヘアクラックは多数あり。ジョイント部のモルタル仕上げ部にクラックあり。
北側の外壁は青苔の発生が見られる。
丁寧な水洗いとクラックに追随性の高い塗料による仕上げが望ましい。

工事計画と施工

外壁の高圧洗浄
外壁の高圧洗浄の様子
  • 特に北側の苔対策は、高圧洗浄をなるべく丁寧に時間をかけて実施する。
  • 塗料はひび割れへの追随性の高いアクリルシリコン樹脂の単層弾性塗料を使用。
  • アンダーコートは一液水性微弾性サーフェーサーを使用、厚塗りゆず肌状模様とする。

クラックの処理

一階ベランダ笠木とPC外壁との縁切れ部はサンダーによるUカット処理後、シーリング材を充填。

既存クラックの様子
既存クラックの様子
サンダーによるUカット処理
サンダーによるUカット処理
シーリング材を充填後の様子
ノンブリード型変性シリコンを充填後の様子

使用塗料と仕様

セラミクリーンの荷姿
セラミクリーンの荷姿
下塗り
一液水性微弾性サーフェーサー
 水性ソフトサーフSG」1回塗り
上塗り
アクリルシリコン樹脂単層型弾性塗材
 セラミクリーン 2回塗り
メーカー
エスケー化研

塗装工程

下塗り後の様子
ソフトサーフSG下塗り後の様子
上塗り1回目塗装作業
鎖骨ローラーによる上塗り1回目塗装作業
上塗り2回目塗装作業
上塗り2回目塗装作業

目次に戻る

パラペットの塗装

調査・診断

打診による浮きの点検作業
打診による浮きの点検作業

コンクリートの鉄筋の錆による爆裂によるコンクリートの剥離が数箇所で確認。
ひび割れ部からの雨水の浸透が原因。建物の中で最も痛みやすい箇所のひとつ。打診による「浮き」の点検作業を行った。

爆裂による剥離部の処理

露出している鉄筋にケレン後、錆反応型防錆プライマーで防錆処理後モルタルで補修。

露出鉄筋のケレン
爆裂による露出鉄筋のワイヤーブラシによるケレン
作業
鉄筋の防錆処理
錆反応型防錆プライマーによる錆止め塗装
欠損部のモルタル補修
欠損部のモルタルによる補修後の様子

目次に戻る

陸屋根の防水補修

調査・診断

防水層はまだしっかりしているので、今回はトップコートのみの補修塗装とした。

塗装仕様と工程

  • 下地調整 : 高圧洗浄にて埃、汚れ、苔などを洗い流す。
  • 下塗り : プライマーUS(東日本塗料) 1回塗り
  • 上塗り : トップコート#100(東日本塗料) 2回塗り
プライマーを塗装後の様子
プライマーを塗装後の様子
トップコート1回目塗装後の様子
トップコート1回目塗装後の様子
トップコート2回目塗装後の様子
トップコート2回目塗装後の様子

目次に戻る

テラス撥水塗装

テラスの床にPCブロックを敷いてあり、苔の発生、汚れがひどい。
洗浄後、紫外線カット型浸透撥水剤「ワイティプルーフ」による保護塗装を行った。

紫外線カット型浸透撥水剤「ワイティプルーフ」

紫外線カット機能を付加することで耐久性を著しく向上した浸透撥水材。
塗膜を造らず剥れの心配のない、素地の風合いを生かした仕上がりです。

紫外線カット型浸透撥水剤「ワイティプルーフ」についての詳細は
「ワイティプルーフによるコンクリート外壁塗装」のページを参照。

テラス床PCブロック既存の状態
テラス床PCブロック既存の状態
水洗い後に清掃
高圧洗浄機により水洗い後の清掃作業
浸透撥水材ワイティプルーフ保護塗装後
紫外線カット型浸透撥水材ワイティプルーフ保護
塗装後

目次に戻る

玄関ドアの塗装

玄関ドアと枠の塗装後の様子
玄関ドアと枠の塗装後の様子

ニスで以前に塗装してあり8割り方剥れていた。
このままでは見た目も良くないのでクリヤー塗装することにしまた。
二液性ポリウレタン3部艶によるクリヤー仕上げとしました。

目次に戻る