埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例・archives4

窯業系サイディング壁の外壁塗装工事例

築15年のサイディング壁、初めての塗り替えの施工例です。
シーリング部のひび割れが多く、外壁の塗装はチョーキング(白亜化)が進んでいました。
屋根はコロニアル葺きで、下屋の谷付近に5枚ほど割れている箇所がありました。
建物の各部位毎に塗り替えの実際を写真を使用して詳しく紹介しています。

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は築15年目で初めての塗り替え。
ジョイントのひび割れ等不具合が多い。
下処理のポイントはシーリング既存シーリング材撤去後、再充填すること。
丁寧な水洗いで付着不良を予防。

シーリング工事

  • シーリングは既存撤去後、再充填とする。
  • 使用シーリング材 : ノンブリード型変性シリコン(低モジュラスタイプ)
シーリングのひび割れ シーリングの撤去
シーリング材のひび割れ状況 既存のシーリングを撤去。バックアップ材の錆の状況から雨漏りの状況が推測できる。
コーキングのひび割れの状態 裏側から見たコーキングのひび割れの状態
撤去したシーリング材の表側 撤去したシーリング材の裏側。ひび割れが裏側まで達しているのが確認できる。
シーリング材充填中 シーリング充填完了
シーリング材(ノンブリード型変性シリコン)充填中。プライマーは2回塗り シーリング充填完了

使用塗料の特徴

セラミック複合二液型特殊アクリルシリコン樹脂塗料(エスケー化研製)

詳細

塗料の特長など詳細は「窯業系サイディング壁塗装施工例-1」のページ」を参照してください。

施工

プライマー塗装中 プライマー塗装完了 上塗り1回目塗装中
プライマー塗装中 プライマー塗装完了 上塗り1回目塗装中
硬化材の配合比率を計量中 上塗り塗装2回目完了
硬化剤の配合比率は正確に 上塗り2回塗り完了

目次に戻る

屋根塗装(コロニアル葺き)

調査・診断

下屋の谷付近のコロニアルが5箇所ほど割れているので交換してから塗り替えること。
築15年、本屋根の傷みは少ない。
数箇所コロニアルの欠片が見られるが小さいので、特に問題はない。
下屋は苔の発生が多く見られた。
高圧洗浄をなるべく時間をかけて丁寧に行うこと。
今回は水系ナノペイント遮熱色塗料(水谷ペイント社)による塗り替えを予定。

工事計画と使用塗料

割れているコロニアルは新しいものに交換してから塗装に入る。
割れているものは応急処置ではなく新しいものに交換してから塗り替える。弊店の屋根塗装の方針です。

下屋のコロニアルが割れている様子 割れていたコロニアルを新しいものに差し替え 割れているコロニアルを新しいものに交換後、プライマーを塗装した状態
コロニアルに割れが見られシーリングにより応急処置をしてあった 下屋の谷付近に5枚の割れがあったので新しいコロニアルに差し替えをしました 割れているコロニアルを差し替え、シーラーを下塗りした状態

縁切り対策

W工法による縁切り
W工法による縁切り

今回の縁切り対策は改良型タスペーサー03型によるW工法とする。
一枚のコロニアルに対して、両端2箇所に縁切り材を挿入。

使用塗料

水系ナノシリコン(水谷ペイント製)の遮熱色、ウイザードグリーンを使用。
水系ナノシリコンの遮熱色塗料は同社遮熱塗料、ポリウレタン樹脂塗料と同程度の遮熱効果がある。

<参考>
水系ナノシリコンの特徴

  • ナノシリコンテクノロジーが反応性の違うアクリル成分とシリコン成分をナノスケールで均一に融合。緻密な塗膜を形成。
  • ナノシリコンテクノロジーが水系塗料の最上級の耐候性を可能にしました。
  • ナノシリコンテクノロジーが遮熱塗料の変色や艶引けを防ぎます。
  • 一般塗料のほか使用顔料(遮熱色)によって遮熱塗料と2種類のタイプがある。

塗装仕様

水系ナノシリコン遮熱色ウェザードグリーンと水系パワーシーラー
水系ナノシリコン遮熱色ウェザードグリーンと水系パワーシーラーの荷姿
  • シーラー : 水系パワーシーラー 1回塗り
  • 上塗り : 水系ナノシリコン遮熱色(水谷ペイント社) 2回塗り仕上げ
   

水系ナノシリコン・遮熱色によるコロニアル屋根の塗装仕上げ

笠木、ケバラ錆止め塗装 シーラー塗装完了 上塗り1回目塗装中
笠木、ケラバ等 : 錆止め塗装:(一液エポキシ樹脂プライマー) 下塗り:水系パワーシーラー 上塗り1回目塗装中:水系ナノシリコン(遮熱色:ウェザードグリーン)
上塗り1回目塗装完了 笠木、ケバラ上塗り塗装 上塗り2回目塗装完了
上塗り1回目:水系ナノシリコン 笠木、ケラバ等上塗り: 弱溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料 上塗り2回目 : 水系ナノシリコン

コロニアルの縁切り

タスペーサーによるW工法の縁切り状況確認
縁切りスペースの様子

遮熱塗装は一般の塗装より塗り込みが多いので塗膜が厚目になります。
しっかりした縁切り対策を施さないと雨漏りを誘因します。
今回はタスペーサーによるW工法で行いました。
コロニアルの横の合わせ目付近がしっかり縁切りされているのが確認できます。

目次に戻る

破風板・軒天

調査・診断

アンテナの支線を伝わった雨水が隙間に入り込み破風板、軒天が損傷し始めている
アンテナの支線を伝わった雨水が隙間に入り込み破風板、軒天が損傷し始めている

アンテナの支線を伝わってくる雨水によって傷みが進行している。
下地の合わせ目から水が入り込み、釘も浮いてさらに隙間を広げ雨水が入り込みやすくしていた。

工事計画と施工

下地補修後塗装、アーム取り付け
アーム取り付け後の様子

跳ね出しアームを使用してこれ以上、損傷しないよう対策をする。
下地補修してから塗装。支線用アームを取り付ける。

目次に戻る

戸袋・雨戸

弱溶剤アクリルシリコン樹脂塗料を塗装中 弱溶剤アクリルシリコン樹脂塗料2回塗り塗装完了
弱溶剤アクリルシリコン樹脂塗料を塗装中 弱溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料2回塗り仕上げ

目次に戻る

他の部位の塗装

バルコニー防水

トップコートの磨耗が始まっていたのでトップコートを塗装。

排水溝の勾配を修正 プライマーを下塗り
排水溝の勾配が逆勾配になっていたので、板金で修正。 プライマーを下塗り作業中
トップコート2回塗り仕上げ完了
トップコート2回塗り仕上げ後

雨樋

研磨材で目粗(めあら)し後、弱溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料2回塗り仕上げ。

元のページへ | トップに戻る