埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例・archives1

窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例

サイディング壁はシーリングの不具合による雨漏りのクレームも多く、台風シーズンには雨漏りの相談が多く寄せられます。
窯業系サイディングの塗り替えはシーリングの総点検からが始まるといっても過言ではありません。
建物の各部位毎に塗り替えの実際を写真を使用して詳しく紹介しています。

外壁塗装前後

埼玉県三芳町  Y氏邸

築10年  外壁 窯業系サイディング   屋根 コロニアル

外壁塗装工事前 外壁塗装施工後
施工前 施工後

目次に戻る

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は築10年目で初めての塗り替え。
その当時の窯業系サイディング壁としてはジョイントのひび割れ等不具合は細かに診察すると見た目よりは多い。
下処理のポイントはやせ過ぎている箇所は追い撃ち充填で補修。
シーリング材のひび割れ、部材との縁切れ個所は既存シーリング材撤去後、再充填すること。丁寧な水洗いで付着不良を予防。

下処理

シーリンク工事

痩せ過ぎているところは追い撃ち充填。
ひび割れ、縁切れ個所のシーリングは既存撤去後、再充填とする。

シーリングのひび割れ シーリングの撤去
シーリング材とサイディングとの縁切れ個所 既存のシーリングを撤去。ハットジョイナーの錆の状況から雨漏りの状況が推測できる。
プライマー塗装 コーキングの充填
接着不良防止のためプライマーの塗布は2回塗りとする。 ノンブリード型ウレタンシーリング材を充填
逆プライマーの塗布

既存シーリング部は可塑剤のブリードを防止のため逆プライマーを塗布。
一般のシーリング材にはその弾力性を保持させるため可塑剤が混入されているためブリード現象によって黒ずんだりして汚れます。
そのため塗装仕上げの前に逆プライマーを塗布して移行を抑え上塗りの汚れを防止します。

使用塗料の特徴

セラミック複合二液型特殊アクリルシリコン樹脂塗料(エスケー化研)

外壁塗装使用材料の荷姿
超低汚染性
セラミック+シリコンで究極の低汚染性!アクリルシリコンはフッ素と並んで汚れにくい性質を持っていますが、それに特殊セラミック成分を複合化することで塗膜表面は低帯電性で汚れ難くなります。
親水性もありますので降雨によるセルフクリーニング機能を持っています。
長期に渡って超低汚染能力のある塗料です。
防カビ・防藻性
今や防カビ、防藻性は塗料の常識です。貴方の大切なお住いを衛生的にガードします。
超耐候性、耐久性
艶引け、色あせのしにくいのがこのタイプの塗料の特徴です。
耐薬品性があり酸性雨から住いを守ります。
高性能の割には安価
優れた耐候性などは塗料の最高峰のフッ素樹脂塗料に限りなく近く、価格は安価なのがこの塗料のおすすめどころ。

目次に戻る

屋根塗装(コロニアル葺き)

調査・診断

一箇所コロニアルが割れているので交換してから塗り替え。
築10年、屋根の急勾配からみて苔は少ないのではと思ったが、北側の面は予想以上に苔が発生していた。
高圧洗浄をなるべく時間をかけて丁寧に行うこと。
3階は屋根裏部屋ということもあり夏場の温度上昇はかなりなもの。
遮熱塗料による塗り替えをお客様はご希望。

工事計画と使用塗料

割れているコロニアルは新しいものに交換する。

コロニアルの割れ 棟トタン、貫板を剥がして確認 割れているコロニアルを新しいものに交換
コロニアルに一枚の割れが見られる 棟トタン、貫板を外してみると釘の打ち込みによるものと判明。これは新築時からの割れでシーリングにより応急処置をしてあった。 割れているものは応急処置ではなく新しいものに交換してから塗り替えます。

縁切り対策

遮熱塗料は一般的な屋根用塗料に比較して厚塗りになるので縁切り対策はしっかりと行う。
急勾配なので縁切り材のタスペーサーはシングル工法でコロニアルの横の合わせ目とする。

タスペーサーによる縁切りシングル工法。

タスペーサーによる縁切り

今回の塗り替えでは急勾配の屋根で重みによる割れの心配が無いので横の合わせ目に縁切り材を挿入。

使用塗料

快適サーモSi(水谷ペイント製)の弱溶剤二液型シリコン変性樹脂塗料、仕上げはハイグレード塗装仕上げとする。

捕捉

一般的な遮熱塗装はシーラー1回、仕上げ塗料2回塗りの工程で仕上げますが水谷ペイントの快適サーモ「ハイグレード塗装仕様」は、アンダーコートとして快適サーモプライマーをさらに一層加えることで遮熱効果と耐久性を グレードアップした仕上げになっています。

遮熱塗料の画像

使用塗料
弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料
快適サーモSi(水谷ペイント製)

遮熱塗料によるコロニアル屋根のハイグレード塗装仕上げ(全4工程)

シーラー塗り作業 サーモプライマー作業中 サーモプライマー塗装終了
下塗り:マイルド浸透シーラー(二液型ポリウレタン樹脂)1回塗り作業中 中塗り:快適サーモプライマー(二液型ポリウレタン樹脂)1回塗り作業中 中塗り:快適サーモプライマー
上塗り1回目塗装作業中 上塗り2回目塗装作業中 遮熱塗装完了
上塗り:快適サーモSi 1回目塗装中 上塗り:快適サーモSi 2回目塗装中 仕上げ塗装完了(遮熱塗装…快適サーモSiハイグレード仕上げ)

コロニアルの縁切り

今回はタスペーサーによるシングル工法で行いました。
遮熱塗装は一般の塗装より塗り込みが多いので塗膜が厚くなります。しっかりした縁切り対策を施さないと雨漏りを誘引します。
緩やかな勾配の屋根にはこの位置は不適…加重でコロニアルが割れる危険があるのでW工法がお勧めです。

縁切りの状況確認 縁切り状況確認
コロニアルの横の合わせ目付近がしっかり縁切りされているのが確認できます。

遮熱塗装は一般の塗装より塗り込みが多いので塗膜が厚くなります。しっかりした縁切り対策を施さないと雨漏りを誘引します。
コロニアル葺き屋根でこの箇所の通気性の確保はケラバ内部のトタンの防錆上非常に大切です。ここの縁切りは特に重要。

目次に戻る

破風板

調査・診断

一箇所に釘打ちによる大きなクラックが生じている。
妻側の破風板のジョイント部は目地幅を取っていないのでシーリング処理のしようがない。
(表面だけ形式的にコーキング処理をしても効果はありません。またすぐひび割れます。)

工事計画と施工

防水性の確保のため妻側の破風板はカラー鋼板によるカバーをする。他の部分の破風板はクリーンマイルドシリコン仕上げとする。

破風板のひび割れ 破風板のジョイント部 カラー鋼板によるカバー
釘打ちによるひび割れが見られる。 ジョイント部は突合せで目地幅が無いのでシーリング処理のしようがない。 妻側の破風板はカラー鋼板によりカバー。

目次に戻る

その他の雑工事

エアコンの配管
  • エアコンの配管パテから雨漏りしたためコーキングによって処理。
    配管保護テープを巻き直し、ビニル製バンドが切れていたので交換。
    ベランダの屋根の上の位置でしたので簡単に交換できる場所ではないので今後のため金属製のサドルにしました。これで切れることはありません
  • 軒トイが大屋根の4ヶ所のうち3箇所が詰まっていたので清掃後、ビニル製ネットを使用して枯れ葉等によるつまり予防策を処置。

元のページへ | トップに戻る