埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

モルタル壁の外壁塗装施工例・その2

モルタル壁外壁塗装施工例

モルタル壁の外壁塗装施工例のご紹介です。
築20年、2回目の塗り替えの例です。
このページでは、セラミック複合弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料を使用したモルタル壁、外壁塗装の施工例を紹介しています。

外壁塗装

使用塗料と仕様

  • 下塗り : 水性ソフトサーフSG(エスケー化研製) 1回塗り
  • 上塗り : セラミック複合二液型特殊アクリルシリコン樹脂塗料(エスケー化研)
            2回塗り仕上げ

使用塗料の特徴

外壁塗装使用材料の荷姿
外壁塗装使用材料の荷姿

セラミック複合二液型特殊アクリルシリコン樹脂塗料(エスケー化研)

超低汚染性
セラミック+シリコンで究極の低汚染性!アクリルシリコンは、フッ素と並んで最も汚れにくい性質を持っています。
それに特殊セラミック成分を複合化することで、塗膜表面は低帯電性で汚れ難くなります。
親水性もありますので、降雨によるセルフクリーニング機能を持っています。長期に渡って超低汚染能力のある塗料です。
防カビ・防藻性
今や防カビ、防藻性は塗料の常識です。
貴方の大切なお住いを衛生的にガードします。
超耐候性、耐久性
艶引け、色あせのしにくいのがこのタイプの塗料の特徴です。耐薬品性があり酸性雨から住いを守ります。
高性能の割には安価
優れた耐候性などは、塗料の最高峰のフッ素樹脂塗料に限りなく近く、価格は安価なのがこの塗料のおすすめどころ。
施工前
外壁塗装施工前
帯で塗り分けツートンカラーで仕上げ
外壁塗装後
帯で塗り分けツートンカラーに仕上げ

目次に戻る

屋根塗装

塗装前後

施工前
外壁塗装施工前
施工後
施工後・拡大画像を見る

使用塗料

水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂塗料エポキシ変性カチオン系水性プライマー
水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂塗料
エポキシ変性カチオン系水性プライマー
下塗り
水性架橋型の透湿・高浸透型エポキシ変性カチオン系水性プライマー。
脆弱な下地や緻密な下地に優れた浸透力を発揮し、上塗りとの密着性を高める。(東日本塗料)
上塗り
水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂塗料(エスケー化研)

下処理

包み板の釘の浮きをステンビスにて打ち直し。

釘の浮き
風や揺れで包み板の釘が浮いてくるところがある
ステンビスを打つ
 釘を絞めなおしてもまたすぐ抜けてくるので
 ステンビスで止め直し
ステンビスで打ち直し
台風などで包み板が飛ばされないようしっかり固定

塗装工程

  • 高圧洗浄
  • 下塗り : エポキシ変性カチオン系水性プライマー 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー(03型)によるW工法
  • 上塗り : 水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂塗料 2回塗り
  • 包み板、ケラバ等 : エポキシ系プライマー 1回、弱溶剤一液型アクリルシリコン樹脂塗料 2回塗り
高圧洗浄後
高圧洗浄後
シーラー塗装後
シーラー塗装後
スペーサーによる縁切り
スペーサーによる縁切り
上塗り1回目塗装作業中
上塗り1回目塗装作業中
上塗り2回目塗装
上塗り2回目塗装
塗装完了後
塗装完了後

元のページへ | 目次に戻る

破風、軒天の塗装

塗装仕様と使用塗料

軒天、破風、鼻隠し
軒天、破風、鼻隠しの塗装後
  • 下塗り : 水性ソフトサーフSG(エスケー化研) 1回塗り
  • 上塗り : セラミック複合二液型特殊アクリルシリコン樹脂塗料(エスケー化研) 2回塗り仕上げ

目次に戻る

雨戸の塗装

使用塗料

セラミック複合二液型特殊アクリルシリコン樹脂塗料(エスケー化研)

塗装作業中
塗装作業中
塗装後
塗装後

目次に戻る