モルタル壁の外壁塗装施工例-10

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

モルタル壁の外壁塗装施工例-10

( 築24年、二回目の塗り替え、単層弾性塗材を使用したモルタル壁、外壁塗装の施工例を紹介 )

モルタル壁の外壁塗装施工例・その10

モルタル壁外壁塗装施工例10

築24年、二回目の塗り替えの例です。このページではセラミック複合低汚染型単層弾性塗材(シリコン樹脂系)・セラミクリーンを使用したモルタル壁の外壁塗装の施工例を紹介しています。
クラック部のVカット、シーリング処理についても紹介しています。

外壁塗装施工後の様子

埼玉県富士見市  O氏邸

築24年 外壁 モルタル  屋根 セメント瓦(和型)葺き

外壁塗装施工後
施工後の様子

モルタル壁の外壁塗装について、塗り替えの時期、下処理のポイント、適応塗料、弊店推奨塗料など詳細は
「モルタル壁の外壁塗装」のページを参照。

「モルタル壁の塗装施工例-10」のトップへ戻る

外壁塗装

外壁の既存状態

  • 築24年。前回、弾性吹き付けタイルで仕上げてあったので、クラックを吸収しているところもあるが、数個所にmm単位のクラックが発生している。
  • 幅広のクラックはVカット後シーリング処理をしました。
  • ヘアクラックには下塗りに微弾性フィラーを濃い目にして塗装することで解決します。

使用塗料

セラミクリーンの荷姿
  • 塗料メーカー : エスケー化研
  • 下塗り : 微弾性プライマーサーフェイサー・水性ソフトサーフSG
  • 上塗り : セラミック複合低汚染型単層弾性塗材・セラミクリーン  color : 色見本No. SR-403

下地の調整

クラック補修

Vカット・シーリング処理
クラックはサンダーによるVカット後、シーリング処理。

クラックの様子 サンダーによるUカット後の状態
クラックの様子 サンダーによるVカット後の状態
シーリング処理

NBタイプ(ノンブリード型)のシーリング材を使用して、シーリングを充填します。
塗装仕上げ後、補修痕が目立たぬよう仕上げるのが、腕の見せ所です。

シーリング処理後の様子 塗装仕上げ後の様子
シーリングを充填後の様子 塗装仕上げの様子

塗装工程

  • 下塗り : 水性ソフトサーフSG(エスケー化研製) 1回塗り
  • 上塗り : セラミクリーン(エスケー化研製)鎖骨ローラーによるゆず肌模様仕上げ 2回塗り
ゆず肌模様仕上げ後の様子
鎖骨ローラーによるゆず肌模様仕上げ後の様子・ 色見本SR-174

塗装後の様子

外壁塗装後の様子
外壁塗装後の様子
「モルタル壁の塗装施工例-10」のトップへ戻る

屋根の塗装

割れている瓦の補修

和型のセメント瓦は、現在使用されることがなく、瓦の販売店、メーカーも殆どありません。割れている瓦の補修用を入手するのに一苦労しました。
現在も製造しているメーカーを探し当て、無塗装品を使用して補修しました。

屋根塗装後の様子

使用塗料と仕様

使用塗料
  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : マイルド浸透シーラー(二液溶剤型ポリウレタン樹脂塗料)
  • 上塗り : パワーシリコンマイルドU(弱溶剤二液型シリコン変性樹脂塗料)
塗装仕様
  • シーラー : 1回塗り
  • 上塗り : 2回塗り
詳細を見る

この屋根塗装の詳細は「セメント瓦の屋根塗装施工例-3」のページを参照。

「モルタル壁の塗装施工例-10」のトップへ戻る

その他の塗装工事

軒天・鼻隠しの塗装

  • 軒天 : 反応硬化型フラット塗料仕上げ
  • 鼻隠し : 弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料仕上げ
軒天と鼻隠しの塗装後の様子
軒天と鼻隠しの塗装後の様子

戸袋・雨戸の塗装

戸袋と雨戸の塗装後の様子
戸袋鏡板、雨戸の塗装後の様子
「モルタル壁の塗装施工例-10」のトップへ戻る

リフォーム工事

雨樋の交換

雨樋は消耗品です。経年で弾力性は失われ割れやすくなります。また、たわみ等一度変形すると元には戻りません。定期的な改修が必要です。
今回はナショナル・アイアンの丸型で雨樋の改修をしました。

雨樋交換後の様子
雨樋交換後の様子

ベランダ屋根の張替

ベランダの屋根は大屋根の真下に設置されており、塗り替え時、壁や軒天、鼻隠しを塗れないことが多い。前回の塗り替え時は、その部分は塗装してありませんでした。
今回の現場では、古くなった屋根材を貼り替えることになり、撤去後塗装してから張り替えましたので、きれいに塗装することができました。
屋根材 : ヒシポリカ(三菱樹脂) クリア

古い屋根材を撤去後塗装 屋根材張替後の様子
既存の屋根材を剥がし、塗装 屋根の張替後の様子

カーポートの改修

トステム製レークポートΣV
現場加工にて切り詰めての取り付け
カラー : シャイングレー 屋根材 : ポリカ(ブルースモーク)

カーポート工事中の様子 カーポート改修後の様子
カーポート取り付け工事中の様子 カーポート改修後の様子

テラスの改修

アルミ製のテラスやベランダの屋根材は、以前はアクリル板が使用されていましたので、経年で弾力性は失われ、割れやすくなります。
現在は、アクリル板に変わり、ポリカーボネート製が使用され、割れにくくなっています。
外壁塗装と一緒に改修することで、既存のテラスを撤去後、下屋との間の軒天や外壁がきれいに塗りやすくなります。

  • トステム製
  • ライザーテラスU F型 間口 2.5間 出幅 6尺
  • color : アンバー 屋根材 : スモークブルー
テラス改修後の様子
テラス改修後の様子
「モルタル壁の塗装施工例-10」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.