埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

外壁用弱溶剤型フッ素樹脂塗料

弱溶剤型フッ素樹脂塗料

セラミック変性で親水性塗膜を生成し、防汚性に優れています。
塗料用樹脂の中で価格も、耐久性も最上級の塗料です。
弱溶剤型でさらに使用しやすくなりました。水性タイプもあります。

弱溶剤型フッ素樹脂塗料の特徴

  • 塗料のグレード : 最高級
  • 価格は塗料の中で最も高い。
  • 塗料用樹脂の中で最も耐久性、耐候性を持ったフッ素樹脂を使用しています。
  • 塗膜はガラス質に近い。水垢や埃がつきにくく、防汚性に優れています。
  • 耐久性は、普通の塗料の1.5~2倍と長期間、美観を維持します。

ページのトップに戻る

塗装標準仕様と施工ポイント

工程 塗料の種類 塗装方法と施工ポイント
下地調整 劣化塗膜を除去したりしてから高圧洗浄、クラック処理など適切な素地調整を行う。
下塗り シーラー又はフィラー
1回塗り
シーラーの代わりにフィラーを塗る場合があります。下地との付着性や仕上げ材の吸い込み防止などの働きをします。通常ウールローラー塗りを行います。
上塗り
1回目
弱溶剤型フッ素樹脂塗料 ウールローラーを使用して塗ります。硬化剤と主剤の比率を正確に計量して混合し使用します。
上塗り
2回目
弱溶剤型フッ素樹脂塗料 しっかりした塗膜を造るため、もう一度ウールローラーを使用して塗り込みます

ページのトップに戻る

塗装価格、メーカーなど

価格(単価)

4,300円/㎡ (100㎡以上、上塗材込、下塗材込)

製造メーカー

ほとんどの大手建築用塗料製造メーカーが発売している。

余談

外壁用フッ素樹脂塗料には、弱溶剤タイプのほかに水性タイプもあります。
塗膜も硬質、軟質の二種類あります。どのタイプを選ぶかは、外壁の部材の種類と仕上げ方法によって選ばれます。
建築関係の塗料メーカー各社で独自の技術開発した製品を販売しています。
中でも日本ペイントは「4フッ化フッ素」の開発でフッ素樹脂の長所を活かした紫外線に強い「4Fフッ素」を販売。

元のページに戻る | ページのトップに戻る