埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装と耐用年数・塗り替え時期の目安

  塗料の耐用年数

外壁塗装をご検討中の方に耐用年数(塗り替え時期の見極め)、塗り替えで使用する塗料の耐用年数と選択などのポイントをわかりやすく紹介しています。
塗膜の劣化症状、塗料の種類別耐用年数、塗り替え時期の見極めについても詳しく紹介しています。

塗膜の劣化と症状

   

外壁に塗装された塗膜の劣化は、その進行に伴い色々な症状が現れてきます。
劣化順にその症状を列記すると次のようになります。

1. 塗膜の光沢保持率の低下
最初に光沢の低下(つや引け)が始まります。
2. チョーキング
表面的な塗膜劣化の兆候として チョーキング が始まります。
3. 変色
一般的に色あせといわれる塗膜の変色が始まります。
4. 塗膜損傷
塗膜の割れ、剥がれなど塗膜損傷が始まります。
5. 無機能化
塗膜の劣化により、塗膜の基材(素材)への保護機能が無くなってきます。

目次に戻る

塗膜の劣化と塗り替え時期の関係

塗膜劣化の過程の中で、どのタイミングで塗り替えるのがベターなのか、下の図に表してみました。
ちょっと早すぎるのではと感じられる方もいらっしゃると思いますが、その理由を列記してみます。

  • 塗膜の付着力は下地の強度 ( 塗り替え時は既存塗膜の強度 ) に左右されます。
  • 塗り替えの場合、全面剥離以外は前回の塗膜の上に塗装します。
  • 既存塗膜が劣化して脆弱になるほど、新たに塗り替えた塗膜の付着力は低下し、その耐久性に影響します。
  • 旧塗膜が活膜(劣化して脆弱になる前)の状態のうちに塗り替えた方が、塗り替え後の塗膜は長持ちします。
  • したがって、「チョーキングの初期では塗り替え時期ではない」というのは当たりません。
    早めの塗り替えが、塗り替え後の塗膜の耐用年数を左右します。
塗膜の劣化と塗り替え時期

目次に戻る

建物の塗膜の劣化と耐用年数の関係

     

建物の塗膜の劣化は主に紫外線によるものです。
従って、塗膜の劣化は建物の部位、建物の壁面の向き(日射量)などによって進行速度が異なってきます。

  • 外壁より屋根のほうが塗膜の耐用年数が短い。
  • 南面のほうが日射量が多い分、塗膜の耐用年数が短い。
  • 外部の木材(板)は水分による収縮や反りなど、その特質から他の建材より塗膜の耐用年数が短い。
  • 素地(下地)の劣化が進んでいると、塗膜の耐用年数が短い。

目次に戻る

塗料別の耐久性

塗り替えにおける塗膜の耐久性は、旧塗膜の劣化度、塗装面の方位に大きく影響を受けます。
下記数値は、この点を考慮しない試験数値(サンシャインウエザーオメーター)から割り出された一般的なものであり、あくまで参考値です。

塗料のグレード 塗料の種類 耐用年数 塗り替え推奨時期


|
|
|

アクリル系塗料 4~6年 5年
ウレタン系塗料 7~9年 8年
シリコン系塗料 10~12年 11年
フッ素系塗料 12~14年 13年
無機系塗料 18~20年 19年
     補足

塗膜の耐用年数は同じ樹脂塗料でも、塗料のタイプ(水系と溶剤系など)や組成により厳密には異なってきます。
また、ホームセンターなどで販売されている家庭用塗料と業務用塗料はJIS規格の基準が異なり、耐久性などに差があります。DIYで使用される際は注意が必要です。

  1. 水系塗料は溶剤系塗料と比較して1グレードほど劣ります。
  2. 一液型は二液型より1グレードほど劣ります。
  3. メーカーによって樹脂の成分、分子構造、含有量が異なります。
     その他の添加剤、顔料や光安定化剤の種類など塗料成分の配合にも差異があります。
     種類や配合が異なれば、厳密には同じ樹脂塗料でも耐用年数にも差がでてきます。
      同じ樹脂塗料でもメーカーによって価格差がある場合、樹脂の配合量に差があり、
     耐用年数にも差が出てきます。メーカー側も伊達に価格設定はしておりません。

元のページへ トップに戻る