埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

外壁塗装の基礎知識

外壁の劣化と外壁塗装

塗り替えの必要性

建物は最も厳しい条件下にさらされています。
風雨や日射といった自然からの影響、ことに最近は酸性雨や大気汚染による建物の汚れや傷みが目立ってきています。
建物の傷みを早める要因と併せて、外壁塗装の必要性を紹介しています。

建物の傷みを早めるもの

自然の力

イメージ画像

大切な財産であるお住いは、非常に厳しい環境条件にさらされています。
強い日差しや雨、地震などと自然からの影響は過酷なものです。
それに加えて、最近は環境汚染による酸性雨や、汚染物質が付着して傷みや汚れを早めています。

建材の変化

木造建築の下地材は、従来無垢板が使用されていました。
今はいろいろな事情から、合板を使用するのが一般的です。
しかし、湿気に弱いのが合板の致命的欠点です。
合板はまた接着剤の劣化によって、長い間には「ふけ」てきます。
合板の多用が住宅の寿命を早めています。

例)
築20年以上の住宅では、床板がふかふかしてくることがよくあります。
湿気で床下が腐ってきたのでは?」と心配される方もいらっしゃいますが、ほとんどの場合そうではありません。
床板を剥がしてみると根太 ( 下地の桟 ) の傷みはなく、床板の「ふけ」が原因であることが多いのです。
もちろん流し付近や浴室付近の湿気によるものは例外です。

建物の洋風化

神社や寺院といった東洋風の建物を思い描いてみてください。
屋根のひさしが大きく張り出していて、少しぐらいの雨では濡れずに建物の周りを一周することが出来ます。
床下は、小さい子供ならちょっとしゃがんで通れるほどの高さがあります。
通気性にあふれています。
ご自分のお住いと比較していただければ、ご理解も早いと思います。
特に最近の住宅は屋根のひさしが無いか、出幅が非常に小さい。
その結果、雨が壁面を直撃し、今まで以上に高い防水性が建物に求められています。
サッシ周りを初めとして、シーリング材頼りの雨仕舞いが多いのも問題です。

目次に戻る

塗り替えの役割

いろいろな原因で老朽化するお住いを少しでも長持ちさせるには、建物を構成するそれぞれの部材に合った、しかもタイムリーなメンテナンスが必要です。

少しでもきれいなままに

新築のきれいな状態を少しでも長く維持したいと思うのは誰しもと思います。
色あせて汚れた外壁は大変みすぼらしいものです。

色合いが気に入らず、塗り替えて気分やイメージを一新したいという方もいらっしゃいます。

いずれにしても大切なお住いであるからこそ、きれいにしていたいと思うのは人の常でしょう。

建物の劣化予防

  1. 屋根トタンや鉄部の錆による侵食
  2. コンクリートや屋根材の風化作用による劣化
  3. 木部の腐朽
  4. 雨仕舞い個所の不具合
    建物を構成している各部材の耐用年数はそれぞれ違います。
    それぞれの部材に合った塗装を施すことによって建物の老朽化を阻止、またはその程度を遅らせることが塗り替えの第一義的な必要性です。

建物の防水力の維持

建物の防水力の必要性は、洋風建築の普及とともに大切になってきました。
少しでも水捌け良く仕上げるのが、在来工法で長年培われてきた技術でした。
今、それが忘れ去られようとしています。

雨仕舞いはすべてコーキングという現在の建物は防水性の面からは非常に危険です。
庇(ひさし)の出も小さく、霧避けも無い建物は容赦なく雨に吹き付けられます。
外壁のひび割れやシーリング個所の定期点検と補修をかねた塗り替えが、防水力の維持という観点からも非常に大切になります。

元のページへ トップに戻る