埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

外壁塗装は埼玉県さいたま市のおい川塗装店

コンクリート壁の保護塗装

コンクリート壁の外壁塗装

コンクリートの構造物は汚れの浸透、水分の浸入による鉄筋の腐食、コンクリート自体の劣化など、問題点も多く指摘されています。
特に酸性雨の影響が強まる傾向にあります。
コンクリート打ち放し外壁のメンテナンスの重要性と対策、ことに浸透性撥水材による保護塗装や施工例について詳しく紹介しています。

コンクリート壁のメンテナンスの必要性

ひび割れ

コンクリート壁に発生するひび割れは、水分の浸入により、鉄筋の腐食と強度低下をもたらします。
腐食による鉄筋の膨張がコンクリートの「ひび割れ」、「剥れ」を誘発し、最悪「爆裂」します。
コンクリート内の鉄筋は腐食がひどくなると露出鉄筋と違い、その防食は非常に困難なものになります。
早めの対応が非常に大切になります。

風化、劣化

紫外線や酸性雨など、経年でコンクリートの風化、劣化は確実に進行します。それは躯体の寿命を縮めます。

汚れの浸透

埃や汚れの付着から始まり、やがて浸透し、ちょっと水洗いしても「染み」となって落ちなくなります。
せっかくの美観が損なわれますし、衛生的にも望ましいことではありません。

元のページへ 目次に戻る

コンクリート壁の下処理ポイント

ひび割れ部の処理

補修用セメント、フィラー等で補修します。保護剤による仕上げの下処理は補修跡の目立たないようにすることが大切なポイントです。
細かなひび割れも丁寧に補修することが大切です。

青苔( 藻 )や汚れの除去

高圧洗浄によって、外壁にはびこる苔(藻)や埃、汚れをきれいに除去しします。

エフロの除去

専用洗浄材によって、エフロをきれいに洗浄、除去します。

「浮き」や「剥離」の欠損部の補修

高圧洗浄による除去
回転ノズルを使用して部分的な「浮き」は高圧洗浄で剥がせます。
手作業による除去
高圧洗浄で不十分なときは手作業で行います。
欠損部の補修
欠損部は補修を行う。補修箇所が目立たなく仕上げるには技術と経験が要ります。
欠損によって鉄筋が露出している場合は、コンクリート補修前に防錆処理が必要です。

元のページへ 目次に戻る

コンクリート壁の主な適応保護剤

シラン系浸透撥水剤

  • アルコキシシラン樹脂を主成分としたコンクリート面の浸透撥水剤。
  • 初期段階では撥水性があるがその効果期間は思ったより短い。
  • 濡れ色にならず自然な感じで仕上がる

浸透撥水剤+樹脂クリヤー塗料

  • 浸透撥水剤がコンクリート内部の微細な空間まで浸透し、セメント系材料の表面にありがちなエフロレッセンスの発生を防止し、美しい壁面を維持することができる。
  • 仕上げに超耐久性ふっ素樹脂やアクリルシリコン樹脂を塗装してコンクリートを保護します。
  • 工程数が多くなるのと、価格面でやや難あり。

シラン・シリコンハイブリット型浸透撥水剤

  • 撥水処理と劣化抑制処理を行うには従来、2工程以上の作業が必要でした。
  • 特殊シラン系化合物とシリコーン樹脂を一材としてハイブリッド化されていますので、一工程で撥水処理と劣化抑制処理を同時に施工可能です。
  • 浸透性がよく数ミリ(3mm以上)の浸透層を形成。
  • はっ水作用によりエフロレッセンス等の汚れ防止、藻・カビの発生抑制が期待できます。
  • 劣化抑制による長寿命化、維持・保全の軽減が可能です。
  • 価格が高価なのが難点。

紫外線カット型浸透撥水剤

  • 紫外線カット機能を付加することで従来品に比べ、効果持続性は抜群。
  • 主成分であるシリコン系ポリマーの撥水性能により、水をはじき、汚れを防ぎ、紫外線カット機能との相乗効果により、躯体の劣化(白化現象、中性化現象、塩害、凍害)を防止。
  • 浸透型のため変色、テカリ、造膜が無く、経年による剥れの心配がない。
  • 撥水力に優れ、従来品より耐汚染性、汚染回復力が非常に優れている。
  • 人体に有害な有機溶剤を使用していないので人体に無害。
  • 効果の割には価格が安価。

光触媒塗料

  • 光触媒のコーティング。浸透撥水剤の中に被覆二酸化チタンを分散させたタイプのものもある。
  • クリヤーの光触媒塗料を塗装する方法もある。仕上がりはどうしても「濡れ色」になってしまう。
  • 価格が高価なのが難点。

目次に戻る

弊店推奨保護剤

紫外線カット型浸透撥水剤

推奨理由 : 価格も手ごろで、高耐候性の実績も証明されています。

  • 製品名 : 紫外線カット型浸透撥水剤「ワイティープルーフ」
  • 国土交通省 新技術情報システム登録(No.980078)
  • 特許出願中(2000-14994)
  • データー試験のみではなく、屋外環境下で試験中。8年経過後も撥水、劣化防止効果あり。試験は現在も継続中。
  • 紫外線カット型浸透性撥水剤の詳細は 「外壁コンクリートの保護」のページを参照。

目次に戻る