外壁塗装の調査・診断と見積り

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

外壁塗装の調査・診断と見積りについてのご案内

( 弊店で実施している外壁塗装の調査・診断と見積りについてのご案内 )

外壁塗装の調査・診断と見積りについて

調査・診断と見積り

弊店で実施している外壁塗装の調査・診断と見積りについて紹介しております。また、塗り替えにおけるトラブル解消のための、調査・診断の重要性についても紹介しています。
現状をどれだけしっかり把握して工事計画を立てるかによって工事内容、工事金額が大きく変わってきます。

塗り替えにおけるトラブル考察

工事設計

官庁関係や大きなビルなどの塗り替えでは、建築士が工事設計をします。
設計士は工事設計の中で塗装工事仕様書を作成します。
工事に使用する塗料の種類や施工方法などを決定し、指定します。
見積りの段階において、発注者側で仕様書がすでに作成されているわけです。
同じ仕様書を基にして見積もり、入札などで施工業者を選ぶわけです。

一般住宅の場合

一般住宅の塗り替えにおいては、小規模工事ということもあって上記のような手順を省き、発注者が工事業者と直接工事請負契約をするわけです。
合い見積もりも行わないケースが非常に多いのが実情です

無知は最大の無防備

すべての専門職についていえることですが、専門知識や技術が必要だから専門職たる所以ですが、だからといってすべてお任せは如何なものでしょうか?
最低限の基本的なことについては情報を得て、予備知識として得ておくことは、大きな失敗を予防する自己手段と思います。そうした観点からも、弊店のサイトを ご参考にしていただけれはうれしく思います。

「調査・診断と見積り」のトップへ戻る

塗り替えに失敗しないための4つのポイント

直接業者に発注する場合に大切なポイントは次の4つです。

  1. 調査、診断が的確に出来る経験豊かなプロに依頼すること。
    塗り替え工事は新設工事と違っていろいろなケースに直面し、適切な対応が要求されることが多く、それなりの経験が必要です。
  2. 工事仕様書の提出を求めること。
    単なるカタログのコピーではなく、下処理の方法から詳細に記載されたものであること。
  3. 仕様書に基づいて積算された見積書の提出を求めること。
  4. 必ず合い見積もりで検討して決めること

2、3社の仕様書と見積書を比較検討していただければ、業者間の違いが金額だけではなく見えてくるものがあると思います。

仕様によって工事金額は大きく変わってきます。

合い見積もりの場合は、特に金額の比較だけではなく、仕様と価格を照らし合わせた検討が大切です。きちんとした仕様書の無いままの工事発注は、あたかもメニューのわからないまま料理をオーダーし、 食べた後から不満を言っているのと同じことではないでしょうか。

元のページに戻る

「調査・診断と見積り」のトップへ戻る

弊店への見積りご依頼のお客様へ

  • 弊店ではご依頼いただいた件に対しては、先ず現地調査を行います。
  • その調査結果を基にし、工事仕様書を作成しております。
  • 仕様書により算出しました御見積書を、工事仕様書とともにお客様にご提出しております。
  • 調査、お見積りは発注の如何にかかわらず無料にて対応させていただいております。
  • 現地調査を伴わないお問い合わせのみによる見積りの提出はお断りしております。ご了解下さい。
「調査・診断と見積り」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.