埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

賃貸住宅の外壁塗装・屋根塗装・リフォームは埼玉県さいたま市のおい川塗装店

賃貸住宅(アパート・マンション)の外壁塗装施工例・3

賃貸住宅の外壁塗装施工例・3

築14年、三階建て(一部二階建て)の2DKマンション、賃貸物件の外壁塗装施工例の紹介です。
外壁のタイル貼り面は浮き等は見られないので、高圧洗浄、目地のシーリングの打ち替え工事のみとなります。
ALC外壁は目地シーリングの追い撃ち充填後、既存テクスチャーを活かした薄塗り仕上げ。外廊下の床と階段蹴込み、踏み板部は防水とイメージアップを兼ねて塩ビシート貼りとしました。
一階部分は通路、駐車場を防塵塗装仕上げとし、清潔感とイメージアップを図りました。

ALC面の外壁塗装

塗装仕様

  • シーリングの補修 : ALCジョイント、サッシ周り部のシーリングは追い撃ち(増し打ち)後、塗装。
  • 塗装仕様
     下塗り : 水性ソフトサーフ(エスケー化研) 1回塗り
      上塗り : クリーンマイルドシリコン(エスケー化研) 2回塗り

塗装前後

既存状態 塗装後
塗装施工前 塗装施工後

目次に戻る

タイル面の外壁塗装

タイルの浮き、剥離の打診

  • タイルの浮き、剥離を打診棒でチェック。
  • 音の違いで浮き、剥離を判断。

タイル目地のシーリング

既存シーリング材のタイル面との剥離箇所が多いので、既存撤去後、打ち直しとした。

シーリング既存状態 撤去後シーラー塗布 シーリング打ち直し後
シーリングの既存状態 既存シーリングを撤去後プライマーの塗布 シーリング打ち直し作業中

目次に戻る

コロニアル葺きの屋根塗装

屋根塗装施工前後

築14年ということで、苔の発生が全体的に見られ、コロニアルの塗料の風化も進んでいる。
雪止めの発錆が進んでいる。一部コロニアルに「反り」が見られる。
この程度では即、雨漏りに結びつくことは無い。アンテナは現在使用されていないので撤去。

屋根塗装施工前 屋根塗装施工前
屋根塗装施工前の状態 屋根塗装施工後の状態

使用塗料と塗装工程

使用塗料

屋根塗装の使用塗料
コロニアル屋根塗装の使用塗料
  • 下塗り
    水性ヤネフレッシュシーラー 1回塗り
  • 上塗り
    水性ヤネフレッシュシリコン 2回塗り

塗装工程

コロニアルの割れ 雪止めやケラバなど役ものの防錆塗装 コロニアル下塗り(プライマー塗装)
苔、汚れを高圧洗浄で洗い落とす 雪止めやケラバなど役ものの防錆塗装 コロニアルの下塗り(プライマー1回塗り)
タスペーサーによる縁切作業 雪止めやケラバなど役ものの上塗りとコロニアル上塗り1回目塗装 上塗り2回目塗装後
タスペーサーによる縁切作業 雪止めやケラバなど役ものの上塗りとコロニアル上塗り1回目 上塗り2回目塗装後

目次に戻る

折半葺きの屋根塗装

折板葺き屋根は固定用のアンカーボルト(フックボルトとも言う)から腐食が始まります。
放置しますと穴が開き雨漏りの原因になります。
折板葺き屋根の塗装はアンカーボルト(フックボルト)のケレン防錆処理が重要なポイントになります。

この折板葺き屋根塗装については「折板葺き屋根塗装施工例・1」のページで詳しく紹介しています。

目次に戻る

破風、桟鼻隠し板の塗装

塗装施工前後

鋼板で包む構造になっている。チョーキングが進んでいるが発生は見られない。

鼻隠しをペーパーによる目粗し作業中 鼻隠し上塗り塗装後 破風板上塗り塗装後
鼻隠しをペーパーによる目粗し作業中 鼻隠し上塗り塗装後 破風板上塗り塗装後

塗装仕様

  • 下処理
    高圧洗浄後、研磨材で目粗し。
  • 下塗り
    二液錆反応型防錆プライマー 1回塗り
  • 上塗り
    セラミック複合二液型弱溶剤アクリルシリコン樹脂塗料 2回塗り

目次に戻る

ベランダ

手摺壁

ベランダ手摺壁塗装後
ベランダ手摺壁塗装後の様子
  • 使用塗料
    セラミック複合弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料(クリーンマイルドシリコン)
  • 塗装仕様
    下塗り : ソフトサーフ 1回塗り
    上塗り : クリーンマイルドシリコン2回塗り

物干し金具

物干し金具の塗装後
物干し金具の塗装後の様子

取り付けビスが緩んでいたのでステンビスにて止め直し、さび止め塗装後、アクリルシルバーペイントで塗装。

隔壁板

隔壁板の塗装後
隔壁板の塗装後の様子
  • 使用塗料
    ケンエース(日本ペイント) : アクリル樹脂系非水分散形塗料 JIS K 5670 防火材料認定 NM8585:不燃材料
  • 仕様
    2回塗り仕上げ




目次に戻る

外廊下

天井

使用塗料

ケンエース(日本ペイント)
ケンエース(日本ペイント)
  • 水性ケンエース(日本ペイント)
  • 水性反応硬化型エマルジョンペイント
  • JIS K 5663 合成樹脂エマルションペイントおよびシーラー 1種 合格品
  • 防火材料認定 NM8585

塗装仕様

外廊下天井の塗装後の様子
外廊下天井の塗装後の様子
  • 下処理
    高圧洗浄後、研磨材で目粗し。
  • 仕上げ材
    水性反応硬化型フラット塗料 2回塗り

手摺壁(腰壁)

塗装仕様

  • 下塗り
    ソフトサーフ 1回塗り
  • 上塗り
    セラミック複合二液型弱溶剤アクリルシリコン樹脂塗料 2回塗り
既存 上塗り完了後
既存の様子 上塗り完了後

PS(パイプシャフト)扉、枠

塗装仕様

  • 下塗り
    二液錆反応型防錆プライマー 1回塗り
  • 上塗り
    セラミック複合二液型弱溶剤アクリルシリコン樹脂塗料3分艶 2回塗り
PC既存状態 防錆プライマー塗装 上塗り完了
既存状態 防錆プライマー塗装 上塗り完了後

巾木

施工前 仕上げ塗装終了
既存 弾性ウレタントップコート仕上げ

ドレン

既存状態 ケレン、清掃 上塗り完了
既存状態 ケレン、清掃後 タールエポ上塗り

外廊下の床面への塩ビシート貼り施工

外廊下の床のひび割れによるコンクリートの劣化。階段蹴込み部の鉄板の錆びによる膨らみ防止。
歩行音の軽減など多くの効果が期待でき、共用部分の環境改善は入居率アップに大きな効果をもたらします。

タキステップについての特徴など詳細は
「廊下、階段への塩ビシート貼り施工」のページを参照。

外廊下の床施工前の様子 タキロン塩ビシート貼り施工後の様子
外廊下の床、施工前の様子 タキロン塩ビシート貼り施工後の様子

目次に戻る

階段室

階段、手すりなど鉄部の塗装

使用塗料と仕様

  • 下処理 : 第3種ケレン
  • 下塗り(錆止め) : 二液錆反応型錆止め塗料 1回塗り
  • 上塗り : セラミック複合弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料(クリーンマイルドシリコン) 2回塗り仕上げ

ケレンの詳細については「塗装用語集・ケレン」のページを参照。

ケレンと防錆塗装

既存状態 鉄部のケレン 鉄部の錆止め塗装
階段室既存 鉄部のケレン 鉄部の錆止め塗装

仕上げ塗装後

鉄部の上塗り塗装 階段手すり上塗り 階段裏側上塗り
鉄部の上塗り塗装(階段) 鉄部の上塗り塗装(手摺) 鉄部の上塗り塗装(階段裏側)

ノンスリップ床材の施工

タキステップ(タキロン社)

踏み板、蹴込み部一体型で雨水等が浸入しにくい。
踏み板と蹴込み部の縁切れによる雨水等の浸入による鉄部の腐食、膨れの防止に効果的です。

タキステップについての特徴など詳細は「廊下、階段への塩ビシート貼り施工」のページを参照。

床材施工前の様子 階段への床材の施工後の様子 階段踊り場の施工後の様子
階段の床材施工前の様子 階段への床材の施工後の様子 階段踊り場の施工後の様子

階段室壁(ALC)

使用塗料と仕様

  • 下塗り : ソフトサーフ(水性フィラーシーラー) 1回塗り
  • 上塗り : クリーンマイルドシリコン(弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料) : 2回塗り仕上げ
上塗り作業中 施工後
上塗り作業中 施工後

目次に戻る

その他の工事

玄関ドア枠の塗装

玄関ドアの枠の塗装作業中の様子
玄関ドア枠の塗装。枠の内側もキズが多く、外部見付け面のみではなく全体を塗装

軒樋の清掃と塗装

水洗いによって剥れ落ちた劣化塗料とコロニアル、埃のが樋の中に溜まっているので軒樋を清掃後に塗装。

軒樋の目粗し 軒樋の塗装後
軒樋の目粗し 軒樋の塗装後

排水管の塗装と固定バンドの交換

配管用固定バンドがスチール製であったので配管への貰い錆びがひどく、美観が損なわれいた。塗り替え後ステンレス製に交換。

排水管の固定バンドの錆びの様子 固定バンドを撤去後塗装 固定バンドをステンレス製に交換
スチール製で発錆の進行がひどい 既存の固定バンドを撤去後、クリーンマイルドシリコンで塗装 ステンレス製の固定バンドに交換

元のページへ トップに戻る