埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

防水工事は埼玉県さいたま市のおい川塗装店

ウレタン防水の改修工事の施工例(遮熱トップコート)

防水工事施工例

テラスのウレタン防水を改修工事の施工例。
遮熱塗料のトップコート塗装でのウレタン防水の改修について紹介しています。

スーパートップ遮熱

塗料の特徴

  1. 赤外線反射による効果的な遮熱性機能があります。塗装前に比較して外気温30℃以上の時、屋根の表面温度を15℃前後下げます。
  2. ハルスハイブリッド型樹脂を使用しているので超耐候性でメンテナンスコストを軽減し経済的です。
  3. ハルスハイブリッド型樹脂の特性により、早期から低汚染性を発揮し、長期の光沢保持を示します。
  4. 無鉛タイプなので安心。

ハルスハイブリッドとは?

  • ハルス : 耐候性を保持させるのに必要な光安定剤を添加物として塗料に加えるのではなく、樹脂の骨格に組み込んでいる。
  • ハイブリッド : 水分による劣化、汚染を抑制するため加水分解を抑える樹脂骨格との組み合わせ。

スーパートップ遮熱の用途

  • ウレタン防水のトップコート
  • 外装のトップコート
  • 金属屋根材(折半、カラートタン)

目次に戻る

スーパートップ遮熱の施工例

仕様

  • 高圧洗浄
  • プライマー : 1回ローラー塗り。
  • 二液性ウレタン防水材 : 既存にひび割れが無いので、1回コテにて塗布
  • スーパートップ遮熱 : 2回ローラー塗り仕上げ

使用材料

防水トップコート・スーパートップ遮熱
  • メーカー : 東日本塗料
  • ウレタン防水材 : フローン#11
  • トップコート : スーパートップ遮熱

施工例

施工前 施工後
改修前 ウレタン防水後、スーパー遮熱をトップコートとして塗装。 拡大画像

元のページへ トップに戻る