加硫ゴム系シート防水のメンテナンスと改修工事

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

加硫ゴム系シート防水のメンテナンスのポイントと改修工法

( 加硫ゴム系シート防水のメンテナンスのポイントと改修工法の紹介 )

加硫ゴム系シート防水のメンテナンスと改修のポイント

加硫ゴム系シート防水

合成ゴム系シート防水の改修には、既存の防水層を撤去して新たに防水層を作る方法と既存の防水層はそのままで、その上に新たな防水層を施工する「かぶせ工法」があります。
合成ゴム系シート防水のメンテナンスや改修工法について紹介しています。

加硫ゴム系シート防水

露出仕上げ用の合成高分子系加硫ゴムシート防水。密着工法と通気シートを積層したベーパーフリー工法、下地になじみやすく湿気を吸湿しにくい、ポリエチレンフォーム断熱材を組合わせた断熱工法など、状況に応じた仕様・工法がある。
仕上塗料を塗って仕上げます。

密着工法

  • 裏面に専用ボンドを塗布してある(糊つき)や、表面にカラーゴム層を積層したシートもある。

ペーパーフリー工法

  • 加硫ゴムシートに溝付き通気シートを積層した特殊シートにより下地の水蒸気を拡散して膨れを抑制します。
  • 押えコンクリートの改修など水分の多い下地に適しています。

断熱工法

  • 断熱材の厚みを変えることにより、用途に合わせた断熱効果が得られます。
  • 吸湿しにくく、下地になじみやすい断熱材を使用しています。
「加硫ゴム系シート防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

劣化と症状

劣化 症状
防水層のふくれ 防水層の下に空気や雨水が入り込んでふくれている
ジョイント(貼り合わせ)部の剥がれ 劣化により貼り合わせ部が剥がれている
防水層端部の不具合 亀裂など防水層端部の雨仕舞に不具合
「加硫ゴム系シート防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

加硫ゴム系シート防水のメンテナンス

日々の点検で以下のような症状の有無をチェックする。特に立ち上がり部も忘れずにチェックしましょう。

防水層のふくれ

  • 比較的小さい部分的なふくれ : 部分補修
  • 全体的に多くの箇所でふくれが発生 : 要改修工事

ジョイント部の剥がれ

  • 部分的なら熱溶着も可 : 部分補修
  • 剥がれ箇所が多すぎる場合 : 要改修工事

防水層端部の不具合

  • 端部雨仕舞の不具合 : 要補修又は改修工事
「加硫ゴム系シート防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

改修工法の種類と特徴

加硫ゴム系シート防水の改修方法は既存防水層の処理の仕方により、二つの方法があります。

  • 撤去法 : 既存の防水層を撤去して防水工事を新たにやり直す方法
  • 非撤去法 : 既存の防水層を撤去せず、既存の防水層の上に防水層を作る方法。
          塩ビシートの機械的固定工法などが可能です。
「加硫ゴム系シート防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.